タイトル画像

トレンド/カルチャー

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

【岡山市北区】岡山駅前のビルで養蜂!? おかやまミツバチプロジェクトがスタート。 

すずめ号

地域ニュースサイト号外NETライター(岡山市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

画像はイメージ
画像はイメージ

養蜂とはミツバチを飼育して、蜂蜜や蜜蝋を採取することを言いますが、その養蜂をなんとJR岡山駅前のビルの屋上で始めるというのです。

↑そのビルというのがこちら。

「第一セントラルビル 2号館」という9階建ての建物で、「ドン・キホーテ岡山駅前店」もこのビルに入っています。

地上から見上げただけでは普通のビルにしか見えませんが、養蜂するというからには屋上をお花畑のようにしているのでしょうか。

私が第一セントラルビル2号館を訪ねたのは、2022年3月24日。

この日に「放蜂式」という式典を行い、ミツバチたちを巣箱から放ちます。

↑屋上では関係者の方々が30名ほど集まり、放蜂式の神事が執り行われていました。

実はこの養蜂は、「おかやまミツバチプロジェクト 桃太郎ハニーラボ」と呼ばれるもので、天満屋グループの「丸田産業株式会社」が岡山大学などと連携して立ち上げたプロジェクト。

都市部で行う養蜂を「都市養蜂」と言い、現在国内では100か所以上でこの都市養蜂を行っているそうですが、岡山県内では初の試み。

国内で都市養蜂の先駆けとなった場所は東京・銀座のビル。

2006年に「銀座ミツバチプロジェクト(通称:銀ぱち)」がスタートしましたが、今回の式典には、銀ぱちの関係者の方も参列されていました。

↑紅白幕の前に4つ並べられているのがミツバチの巣箱。

そして巣箱の周りには、花が植えられたプランターが数個だけ。

素人ながらにも、蜜源となる花が圧倒的に少ないのでは?と思い、関係者の方に尋ねたところ、

ここで飼育するのはセイヨウミツバチで、行動半径が2~3kmほどあります。
この範囲の中には、蜜源として、西川緑道公園・後楽園・県総合グランド・岡山大学・半田山植物園などがあります。

とのことで、ビルの屋上に蜜源の花を置く必要などなかったということでした。

↑神事が終わると、巣箱の扉が開けられます。

↑巣箱正面にある木製の扉を上にスライドさせると、巣箱底部に「巣門」と呼ばれる細長い隙間が現れました。(赤く囲った部分)

これでミツバチたちが自由に出入りできるように。

↑その後、ふたを外して中から巣枠を取り出すと…

↑ミツバチたちが隙間なくぎっしり。

現在、巣箱1つ当たりに約1万匹のミツバチがいるそうですが、2万匹くらいまで増えるようです。

ところで、街中でミツバチを飼育して人を刺したりしないのか気になり関係者の方に尋ねると、

スズメバチなどと違い性格はおとなしく、こちらから攻撃を仕掛けない限りミツバチの方から刺してくることはありません。
それに都市養蜂の場合だと、巣箱から出たミツバチはビルなどの障害物を避けるためにいったん高く舞い上がり、その後蜜源に向かって一直線に飛行するのです。
このため、巣箱をビルの屋上に置くことで、人とミツバチの動線が交わりにくくなるのです。

↑桃太郎ハニーラボの一角には蜂蜜を採取するための遠心分離機が置かれていました。

4月下旬には最初の採蜜が予定されているとのことで、どれほどの蜂蜜が採れるのか今から楽しみ。

なお、現在のところ、桃太郎ハニーラボの一般開放はしておらず、見学希望の方には状況に応じて個別に対応していくとのことでした。

↑式典翌日の3月25日、岡ビル市場横の西川緑道公園で咲き始めた桜を眺めていたところ、ミツバチの姿を発見しました。

巣箱を設置している第一セントラルビル2号館からは目と鼻の先。もしかするとおかやまミツバチプロジェクトのメンバーさんなのかも?

●第一セントラルビル2号館●
岡山市北区本町6-30

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

コンテンツへの感想