タイトル画像

トレンド/カルチャー

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

梅雨の時期はワクワクする場所へ!機内食を食べながら夏旅をカタチに『関空展望ホール Sky View』

旅する日々の記憶と記録。matka08

フォトグラファー(泉南市・泉佐野市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

夏の旅行の計画はもうお済みですか?

日常が戻りつつある今、みなさんの“旅欲”もグングン高まってきているのではないでしょうか?

ずっと我慢していた旅行もそろそろ解禁。梅雨の時期は、旅を感じるワクワクする場所へ出かけませんか?今回は、「あー、旅したい」と日々妄想に耽るわたしが、旅欲を満たしてくれる最強スポットへ出かけてきましたのでご紹介いたします。

(画像提供:関西エアポート株式会社)
(画像提供:関西エアポート株式会社)

『関空展望ホール Sky View』

離発着する飛行機を眼下に眺められる『スカイデッキ』や、憧れのエアライングッズが揃う日本最大級の航空関連ショップ『スカイショップタウン』など、旅心を刺激してくれる素敵スポット。屋外遊具エリアもあるから小さな子ども連れでも飽きることなく楽しめそうですよ。

JR・南海「関西空港」駅改札出て左、第一ターミナル前1番バスのりばから展望ホール行きバス(無料)に乗り約6分で到着。

現在は、土日祝(10時~17時)のみの営業なので、週末に訪れるのが良さそうです。

取材に出かけた日はあいにくの雨。でも、梅雨の時期こそワクワクするところへ行きたいもの。旅をイメージし、カタチにする場所としてもおススメです。

1F エントランスインフォメーション

館内入って左手、エスカレーターの横にある大きなパネルボードは、まるで自分が空港内にいて、これから旅に出るような気分になります。入った瞬間からワクワクが止まりません。

トイレサインが可愛い!遊び心を感じる施しに気持ちも弾みます。

『関空展望ホール Sky View』でしか見ることができない貴重なピクトグラムは、要チェックですよ。

広々とした授乳室がありました。赤ちゃんと一緒に遊びにきても安心ですね。

飛行機の絵が描かれたエレベーターホールの壁。キュートな仕掛けが可愛らしく夢心地です。

建物は、こちらのエントランスホールとメインホールが4Fの連絡通路でつながっていて、現在主に楽しめるのは、『スカイショップタウン』と『スカイデッキ』のみ

『スカイミュージアム』は、団体さま貸し切り時のみ利用可能とのことです。

これから4Fの『スカイショップタウン』に行ってみたいと思います。

エスカレーターも旅気分~。

4Fエントランスホール 『スカイショップタウン』

日本最大級の航空関連ショップというだけあって、かなりの広さです。心なしか旅に出て、お土産を買う気分になっているわたし。(買う気満々)

『スカイショップタウン』は、JAL、ANAをはじめ、関空に就航している代表的なエアライングッズや航空機メーカーの関連商品、KIX限定のお菓子やグッズなどが買える、“旅好きにはたまらない”お店。憂鬱な梅雨の時期でも楽しくお買いものができます。

実物の飛行機のシートを体験できるコーナー。座り心地の良さに思わず感動。

記念に写真を撮ってあげると、子どももよろこびそうですね。

「空港限定」のガチャガチャを発見!

「限定」なら試さないわけにはいきませんよね。というわけで…

たこやきと飛行機のコラボって可愛すぎませんか?!100円はお値打ち。

「JALデスカイ麺」4個入り(613円)
「JALデスカイ麺」4個入り(613円)

長時間でも麺がのびにくい機内食のための専用即席めん。うどん、チャンポン、そば、ラーメンがセットになっていて、保存食や登山などにも良さそうです。ダジャレがきいたネーミングも楽しい。

「ALノート」(550円)、「ひこうきノート」(440円)
「ALノート」(550円)、「ひこうきノート」(440円)

代表的なエアラインとKIXのコラボノート。ここでしか手に入らない“限定ノート”は多くの方が買って帰られるのだとか。

どれも素敵。お気に入りの一冊を選ぶのも楽しいですね。

「そらやん いっぱいクッキー」(864円)
「そらやん いっぱいクッキー」(864円)

とぼけた表情のそらやんが可愛い“KIX限定”のお菓子。

ほんと、そらやんがいっぱい 笑。お土産にも喜ばれそうですね♪

「KIXクラフトテープ」(770円)
「KIXクラフトテープ」(770円)

こちらも人気のKIX限定クラフトテープ。なんでもない段ボール箱も、このクラフトテープで梱包すれば、おしゃれな贈りものになりそう。

レジの辺りで、「ドラえもんとのコラボグッズはありますか?」と子ども連れのお母さんの声が聞こえてきました。スタッフに案内され、紹介されていた商品がこちら。

「ドラえもんminiペン」(605円)
「ドラえもんminiペン」(605円)

ドラえもんが飛行機の機体に変身したイラストが可愛いペンは、わざわざ買いに来る方もいらっしゃるようです。

他にも魅力的な商品がいっぱい! 見ているだけで旅気分が味わえます。

「泉州タオル」とKIXのコラボ商品(605円)も人気とのこと。

「つばさピンズ」(495円)
「つばさピンズ」(495円)

バルサ材で作られた模型航空機は、インテリアとしてお部屋に飾っても素敵です。

可愛いステッカーも旅心をくすぐります。

そろそろお腹もすいてきたので、昼食をとりたいと思います♪

現在、メインホール4Fの『スカイビューカフェ』では、料理や飲みものの提供をおこなっていないため『スカイショップタウン』で「機内食」を購入して、『スカイビューカフェ』内や『スカイデッキ』でお食事ができるそうです。

「機内食」・・・気になります。

【アジア】2種ベジカレー(800円)
【アジア】2種ベジカレー(800円)

【リゾート】タコライス(800円)
【リゾート】タコライス(800円)

【アメリカ】ポークバーベキュー(800円)、【ヨーロッパ】シーフードパエリア(800円)
【アメリカ】ポークバーベキュー(800円)、【ヨーロッパ】シーフードパエリア(800円)

【ヨーロッパ】チキンカチャトーレ(800円)、【リゾート】ロコモコ(800円)
【ヨーロッパ】チキンカチャトーレ(800円)、【リゾート】ロコモコ(800円)

【アメリカ】ケイジャンチキン(800円)
【アメリカ】ケイジャンチキン(800円)

いろんな国の代表的なお料理がいただける「機内食シェフ」シリーズ。これだけあると迷ってしまいますね。

*「機内食シェフシリーズ」は6月末で終了。

こちらはシンガポール航空エコノミークラススタイルのお食事を販売。どれも美味しそう♪

*「SRIC×シンガポール航空」エコノミークラススタイルのお食事の販売は、8/末まで。

どれにしようかな~。

今回は、「シンガポール風チキンライス」を『スカイデッキ』で食べてみることにします。

電子レンジが用意されていますので、袋から取り出して500Wで6分加熱します。

ちなみにわたしは、帯をつけたまま加熱してしまったのですが、帯と「お召し上がり方」カードを外して、蓋をしたまま電子レンジで加熱するのが正しい方法のようです。

*商品によって加熱時間は異なります。

連絡通路からメインホール『スカイデッキ』へ向かいます。

4Fメインホール 『スカイデッキ』

小雨降る中、家族連れや、お友達とみられる方々、写真を撮られている方もいらっしゃって、みなさん思い思いの時間をのんびり過ごされていました。

「あー、旅したい」なんて心の声が聞こえてきそうです。

『スカイビューカフェ』では、料理や飲みものの提供はありませんが、購入した「機内食」を店内でいただくこともできます。

こちらにも電子レンジがありました。『スカイショップタウン』で購入した「機内食」を『スカイビューカフェ』で温めてもいいですね。

景色を眺めながら、ゆったりくつろげるソファ席や、家族で囲めるテーブル席もあります。

目の前の滑走路と、飛行機の離着陸を眺めるならカウンター席がおススメです。

雨も止んできたので、外のベンチで食べることにしました。

「機内食」の「シンガポールチキンライス」は、オイスターソースの香りが食欲をそそります。お肉と野菜もボリューミーで、ジャスミンのような香りのお米が特徴的。

チリソースも味のアクセントになっていてお肉やお米との相性も◎。海外旅行の予定はまだありませんが、「機内食」を食べて疑似体験をしていると“旅をカタチにしたい”という想いが一層高まります。

小さな子ども連れの方も楽しそうに過ごされていました。

5F メインホール 『プレイエリア』

4Fメインホール 『スカイデッキ』の上には、小さな子どもでも安心して遊べる遊具や、お食事ができるエリアもあります。今日はあいにくの天気のため、利用されている方はいらっしゃいませんでしたが、遊具周りのふかふかのマットが気持ちよくて、ピクニック気分で訪れても楽しめそうですよ。エントランスホール5Fにも『スカイデッキ』があるようなので、そちらにも行ってみましょう。

4F連絡通路を渡り、エントランスホール5Fの『スカイデッキ』へ向かいます。

5F エントランスホール 『スカイデッキ』

いきなりテンションの上がる電光掲示板を発見!飛行機の離着陸の時間が確認できます。

世界の各旅客機の模型が約150種飾られていました。

絶好のポジションにマッサージチェアが! マッサージチェアに座って飛行機を眺めることができるなんて、ここでの時間そのものがバカンスのように思えてきました。

『関空展望ホール Sky View』内は、飲み物やお菓子、アイスなどの自動販売機も充実しているので、手ぶらで訪れてもおやつに困ることもありません。ご家族で遊びに来ることはもちろん、ご夫婦でのんびり旅の計画をたてるのもよさそうです。

団体さまを誘導されていた男性が、「鹿児島から飛行機が到着しますよ~」と声掛けをされていました。歓声とともに足早にテラスへ向かう大勢の人たち。

わたしも急いでテラスへ向かいます。

「飛行機なんて、もう何十年も乗ってないわ~」と、ドキドキとワクワクが入り混じった表情で正面の滑走路を眺めていらっしゃいます。

8分ほど待っていたのですが、なかなか飛行機は現れず、みなさんは立ち疲れたのか4Fの『スカイビューカフェ』へ下りて行かれました。ほどなくして飛行機は到着しましたが、みなさんは無事に機体を見ることができたのでしょうか。

残念ながら今回の取材は、機体の撮影はできなかったのですが、大空を舞う飛行機を目視で確認することができました。

素敵な写真を「関西エアポート株式会社」様からご提供いただきましたのでご覧ください。

(画像提供:関西エアポート株式会社)
(画像提供:関西エアポート株式会社)

(画像提供:関西エアポート株式会社)
(画像提供:関西エアポート株式会社)

(画像提供:関西エアポート株式会社)
(画像提供:関西エアポート株式会社)

『関空展望ホール Sky View』は、いかがでしたか?

旅の雑誌を読むのもいいけれど、間近に飛行機を眺めたり、機内食を疑似体験することで、旅のイメージがよりカタチになっていくような気がします。

無料バスに乗り込むところから“旅気分”ははじまります。

梅雨の時期の週末、“夏旅の計画”に向けて旅を感じる『関空展望ホール Sky View』へ出かけてみませんか?

今回購入した旅グッズ。どれもお気に入りです。

【基本情報】

スポット名:「関空展望ホール Sky View」/入館料 無料
公式ホームページ(外部リンク)
*詳しいアクセスは公式HPでご確認ください。
住所:〒549-0001泉佐野市泉州空港北1番地関空展望ホールスカイビュー
営業時間:(土日祝)10:00-17:00*平日は休業
Tel:【スカイショップタウン】(土日祝)072-455-2089(SST店/10:00~17:00)
(平日)072-455-2082(展望ホール事務所/10:00~17:00)
取材協力 「関西エアポート株式会社」 様
*記事中の金額はすべて税込表示です。
*営業日・時間は変更となる場合もございます。最新情報はHPでご確認ください。

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。