ショートフィルム

「お母さんをもっと面白く」母親たちが「母親像」のアップデートに取り組む理由

高島太士

FIRST APARTMET代表/ドキュメンタリスト

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

 育児休暇を長期取得し、子どもを保育園に送り迎えし、家でも子守や家事をこなし……。「母親は子どもや家族のためだけに生きているのか?」。そんな疑問を持つ母親たちが集まり、これまでの母親像を「アップデート」しようとしている。昨年1月に結成された「母親アップデートコミュニティ」(HUC)の取り組みだ。参加メンバーは国内外から約170人に上る。母親たちは何を思い、何を目指すのか。取り組みを取材した。

「女性が子どもを見なきゃいけない」に抱いた違和感

 「今の母親像は、子どもに寄り添って家庭を大事にするか、キャリアに突っ走っていくかに二極化している。でも実際はその2つに当てはまらない人もいる」。そう話すのはHUC代表の鈴木なつみさんだ。HUC結成前、鈴木さん自身も母親像の枠組みを自分で作り、そこに当てはまるように生きてきたという。

 新卒で2002年に女性活躍を掲げる企業に入社した鈴木さん。入社12年目で妊娠・出産を経験。半年間の休職を経て、「女性が子どもを見なきゃいけない、という価値観で動いていた」。ただ、子どもが4歳になったころ、「自分が勝手に作った『母親』の枠組みに縛られているんじゃないかと、違和感を持ち始めた。母親だけど自分の人生を生きていいんじゃないかって、思い直したんです」。母親の生き方がもっと面白くなるように――。そんな思いから昨年1月、母親の生き方をテーマにしたインターネット番組を観覧し、そこで知り合った母親たちとHUCを立ち上げた。

子どもや家族ではなく、自分を主語にして話す。

 結成後、メンバーは自然と170人に拡大。国内各地の30~40代を中心に、フランスやシンガポール、コスタリカなどに住むメンバーも加わった。HUCで取り組んでいるのは固定観念、同調圧力、自己犠牲を捨て、日常生活における母親像を変えていくことだ。

 たとえば、家事は母親がしなければいけないという固定観念を捨てること。「○○ちゃんママ」ではなく名前で呼んでもらうこと。子どもを家族に任せて数日間の出張へ行くこと……。小さな「アップデート」をそれぞれが重ね、それをメンバー同士でシェアし合うことで、また他メンバーが触発される。メンバーが1年でシェアし合った「アップデート」は1800件を超えた。子連れ勉強会をはじめ、子連れ100人フェスや、子連れワーケーションなどにも取り組んでいる。

 鈴木さんは言う。「母親は子どものため、家族のため、仕事のため、というのが先に来て、『自分のため』が置き去りにされてしまう。自分を主語にして話す場を持てるというのが大切だと思う。今の活動をどう広げていくか、これから取り組んでいきたい」。母親たちによる母親像の「アップデート」の挑戦は、まだ始まったばかりだ。

====

本作品は【DOCS for SDGs】で制作された作品です。
【DOCS for SDGs】他作品は下記URLより、ご覧いただけます。
https://original.yahoo.co.jp/collection/movie/feature/docs4sdgs/5/

====

受賞歴

TokyoDocs 2019 ショート・ドキュメンタリー・ショーケース優秀作品賞

…続きを読む

ショートフィルムの新着作品

すべて見る

こちらのクリエイターもおすすめ

すべて見る

タグから探す

すべて見る