タイトル画像

トレンド/カルチャー

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

【大阪・新今宮】1杯500円はお値打ち! 5月8日まで開催のクラフトビールフェスに行ってきました。

高田強

編集者・ライター・広告ディレクター(大阪市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

 GWも残りあと少しですが、ビール好きなのと知り合いから誘われたので、5月7日(土)・8日(日)開催の「ビア・ブラボー!~Craft Beer Carnival~」に行ってきました。

 会場は、星野リゾートの「OMO7大阪」のオープンで話題の新今宮駅から徒歩5分ほど。

 各線なんば駅からでも徒歩圏内の「YOLO BASE」です。

 こちらで駐車場スペースも使って、クラフトビールイベントを開催しています。

 会場内の屋外には、地元大阪はもちろん、全国各地から厳選された12の人気クラフトビールメーカーがズラリ。

 長野の「南信州ビール」や静岡の「West Coast Brewinng」のほか、地元大阪の「ディレイラ ブリュー ワークス」や「MARCA BREWING」などのブリュワリーも参加。

 東京の「T.Y.HARBOR Brewery」や、

 国内外のさまざまなコンテストでの賞に輝く「伊勢角屋麦酒」などの全国的にも注目のブリュワリーが並びます。

 それぞれが4〜8種ほどのクラフトビールを用意。基本的に1杯500円です。

 チケット制でビール券3枚セット 1,500円、ビール券5枚セット 2,500円、ビール券10枚セット 4,500円(1枚分お得!)。クラフトビールが1杯500円といいのはお手頃です。

 こちらがメイン会場の「YOLO BASE」。

 さまざまな場所に席やテーブルをセッティングされ、まるでビアホール。

 巨大なバーやパブのようでもあり、思い思いの場所でビールを楽しんでします。

 建物の外は、心地よく、ビールも買いに行きやすい特等席。

 今回飲んだのは、一番遠い宮城県から参加している「BLACK TIDE BREWING」。

 「Horizon’s Reflection」はIPAらしいひと口めのあとに、ほんのり柑橘の爽やかな味わい。コクのあるIPAでありながら飲みやすさが魅力でした。基本的には、プラカップですが、会場内ではイベントオリジナルのグラスを800円で販売。ロゴデザインは、2025年の大阪万博のロゴを担当したシマダタモツさんです。

 次に飲んだのは、2021年9月10日、梅田にも近い北区大淀に移転したばかりの「CRAFT BEER BASE」。ちなみの醸造所にはビアパブを併設しています。

 「sabro from Asia」はわりとしっかりした苦味を持ちつつも、レモングラス、ココナッツなどの風味が楽しめます。

 3杯目は大阪だけでなく日本を代表する醸造所「箕面ビール」。

 小麦から作られる「WEIZEN(ヴァイツェン)」はフルーティーで飲みやすく、誰からも愛される味わいです。

 フードは、ビュッフェのように並べられたところからセレクト。5品1,500円のはか、7品2,000円で販売されています。

 写真は2,000円のセット。カプレーゼなど、どれもおいしかった。

 コロナ禍前には注目を集め、たくさん開催されていたビアフェスが、やっと楽しめる状況になりました。せっかくなのでみなさんにも楽しんで欲しいと思います。

「ビア・ブラボー!~Craft Beer Carnival~」
会場/YOLO BASE特設会場
住所/ 大阪府大阪市浪速区恵美須西3-13-24
期間/2022年5月7日(土)・8日(日)
   11:30〜19:00(L.O18:30予定)

★GWの食フェスはこちらも!

【大阪・京橋】大阪城公園で5月8日まで開催の「クラフト餃子フェス」で食べるべき個性派餃子はこの3つ!

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

コンテンツへの感想