How to

~かんたんおうちヨガ~ たぷたぷ二の腕・太もも引き締め!肩こり解消にも「下を向いた犬のポーズ」

武田静加

モデル・ヨガインストラクター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

モデル・ヨガインストラクターの武田静加です。

はじめての方でも簡単に、おうちでもできるヨガのポーズのやり方と効果をご紹介していきます。

  

ヨガでは“休憩のポーズ”とも言われ、よく行われる基本の動作「下を向いた犬のポーズ」。

全身を大きく使うので、不調改善やダイエット、リフレッシュなどあらゆる効果が期待できます。

慣れるまでは少しきつく感じるかもしれませんが、継続してコツを掴みましょう!

 

<効果>

・肩こり解消

・二の腕、太もも引き締め

・血行促進

・姿勢改善

・体幹強化

・疲労回復 など

 

<下を向いた犬のポーズ>

①両手の幅を肩幅に、膝の間隔を腰幅に開き、肩の下に手のひら、足の付け根の下に膝をついて四つ這いの姿勢を作ります。

 

※大きく手を広げて、手のひら全体で床を押しましょう。

 

②つま先を立てます。

 

③息を吸いながら、お尻を斜め上に持ち上げます。(手・お尻・足で三角形を作るイメージ)

脇を床に近付けるように、手でしっかり床を押しながら上半身を伸ばします。

目線はおへそか、足と足の間へ。

 

④余裕がある方は、かかとを床につけたまま膝を伸ばします。この状態で深く5呼吸。

 

※手のひらと足の裏はなるべく全部床につけましょう。

かかとが浮いてしまう時は、膝を曲げて太ももとお腹を近付けてみてください。

 

⑤身体が硬かったり、よりストレッチをしたい方は、左右交互にかかとを上げて足踏みをします。

 

⑥息を吐きながらかかとを下ろし、四つ這いの姿勢へ。

これを3セット程繰り返しましょう。

 

  

肩周り、上半身、脚の後ろ側などがしっかり伸ばせる「下を向いた犬のポーズ」、全身を心地良くほぐしてリラックス♪

運動不足解消やダイエット、気分転換に、ヨガでおうち時間を楽しく有効的に過ごしましょう。

いいね&フォローよろしくお願いします!