How to

【YOGA TIME】腸を動かしながら足のむくみもスッキリ!腸活ヨガ⑧

武田静加

モデル・ヨガインストラクター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

モデル・ヨガインストラクターの武田静加です。
はじめての方でも簡単に、おうちでもできるヨガをご紹介していきます。
猛暑続きの毎日、室内外の温度差による自律神経の乱れが引き起こす夏バテの予防に、
ダイエットやコロナ自粛による運動不足対策にも!近年話題の「腸活」シリーズ続きます!

◆腸活のメリット
・便秘解消
・肌荒れ改善
・肥満解消
・自律神経を整える
・免疫力アップ など

◆呼吸を大切に取り入れよう!
自律神経のバランスが整うと腸の動きが良くなる。
⇒自律神経を整えるには、深くゆっくりと行う呼吸が有効。

大きく動いて足のむくみも解消しながら、便秘改善、腸活ヨガを行います!
.

<腸活YOGA⑧>

1.四つ這いの姿勢から、手と手の間に左足を置き、前に踏み込みます。
2.膝の下にかかとがくるように、左足を少し前に移動させます。
3.息を吸いながら腹筋を使って、上体を起こします。
4.右の足の付け根をしっかりと伸ばして、息を吸いながら両手を真上に持ち上げます。
5.吐きながら左手を右の太ももに軽く添え、目線を左斜め下におろしてお腹をねじります。
6.この状態で5呼吸。
7.息を吸いながら両手を上にあげます。
8.吐きながら今度は右手を右の太ももに添え、目線を右斜め下にしてお腹をねじります。
9.ゆっくりと5呼吸。
10.息を吸いながら再び両手を上にあげます。
11.そのまま少し後ろに上体を反らせ、身体の前側を伸ばします。5呼吸。
12.息を吸いながら身体を起こし、吐きながら手を下ろして、四つ這いに戻します。
13.反対側も同様に行います。

ヨガの「猿王のポーズ」にねじりを加えて腸を動かし、下半身の血流を促してむくみにくい体作りをしましょう!
いいね&フォローよろしくお願いします。

…続きを読む