How to

【YOGA TIME】体を上下に動かして目覚めシャキッと!朝ヨガ⑦

武田静加

モデル・ヨガインストラクター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

モデル・ヨガインストラクターの武田静加です。
はじめての方でも簡単に、おうちでもできるヨガをご紹介していきます。
寒さでお布団から出るのが辛い朝一、手軽にできてヤル気がアップする「朝ヨガ」シリーズ続きます。

朝ヨガを行うことで副交感神経→交感神経への切り替えがスムーズに!
自律神経が整い身体が起きるので、集中力が高まって作業効率UP♪
今回は「前屈」と「椅子のポーズ」を組み合わせた上下運動で、体をシャキッと起こします。
風邪やコロナ対策に、適度に身体を動かし代謝を上げて、免疫力も高めましょう!
.

<MORNING YOGA⑦>

1.足を腰幅に開いて膝を曲げ、お腹と太ももをピタっとくつけて前屈をします。
※お腹と太ももがくっついたまま、膝を伸ばせる方は伸ばしてもOK!
~前屈の効果~
・足の後ろ側のストレッチ ・背中のストレッチ ・内臓機能を高める
・疲労回復 ・脳のリフレッシュ ・ストレス解消 など

2.息を吸いながら、膝を曲げたまま、指先が遠くを通るように両手を持ち上げ、上体を起こします。
※膝がつま先のラインを追い越さないように注意し、お尻の穴が下に引っ張られるようなイメージで、背筋はまっすぐ伸ばしましょう。
~椅子のポーズの効果~
・下半身の引き締め ・集中力アップ ・疲労回復
・冷え、むくみ解消 ・O脚改善

3.息を吐きながら、指先は遠くを通りながら上体を倒し、再び前屈のポーズへ。
4.そのままお尻の後ろで手を組んで、拳を上に持ち上げ、肩甲骨を引き寄せます。
※無理はせず、呼吸をしっかり入れましょう!
~効果~
・足の後ろ側のストレッチ ・背中の強化とストレッチ ・肩こり解消 など

5.これを5~10セットほど繰り返します。
※気持ちが良ければキープの時間を長くしてもOK。
6.頭が最後になるように、ゆっくりと身体を起こします。

寝起きで固まりがちな身体をしっかりと動かして、全身ほぐしましょう!
ご視聴頂いた皆様、2020年もありがとうございました。
年末年始は外出自粛によりおうち時間が増えると思うので、正月太り対策としても是非ヨガを取り入れてみてくださいね♪
いいね&フォローよろしくお願いします。

…続きを読む