タイトル画像

モノ/ガジェット

  • いいね

お部屋を素敵に演出!リヤドロの磁器コードレスランプが美しくてオススメ

タケナカナミ

モノブログ「ブランクハウス」運営

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

ランプは素敵なものが多いけれど、コードを隠すのが面倒!と思ったことはありませんか?

そんなときにコードレスのランプを検討すると思うのですが、なかなか素敵なデザインに出会えなかったりしました。

以前からリヤドロのランプの存在は知っていたけれど、コードレスだと気づいて更に欲しくなったのが「リヤドロ ファイヤーフライ ランプ(パーム)」。ブログでも詳しくレビューを書いています。

リヤドロはテレビCMなどの雛人形や五月人形のイメージが強いので、はじめに見つけたときは驚きました。

USBで充電できるタイプで、シェード部分やベース部分や支柱にも磁器(ポーセリン)が使われています。高さが30cmほどのちょうどいいサイズ感なので、使い勝手もいいですよ!

ハンドメイドのランプなので、愛着がわいてしまいます。

リヤドロの磁器の美しさが楽しめるランプ

コードレスタイプのランプなのでどこにでも持ち運びできるのですが、今は寝室で使っています。1kgほどの重さなので、家の中の好きな場所で使えますね。

光っていないときも素敵なデザインで、見るとニヤけてしまうくらいお気に入り。

磁器(ポーセリン)のツヤが美しいですよね!リヤドロのファイヤーランプシリーズは4種類のコードレスランプがあるのですが、わたしが購入したのはヤシの実モチーフの「パーム」。

真っ白なものもポップなカラーもあるのですが、磁器の色を楽しむならポップなカラーもオススメです。とてもキレイなカラーなので。

磁器のシェードにより柔らかい光が楽しめる

光っていないときも素敵ですが、優しい電球色の光に癒やされますね。

リヤドロのマークが入ったボタンがあるので、そこをタッチするとONOFFの切り替え。

長押しすると、調光ができちゃいます!

磁器素材のシェードは取り外し可能で、支えの部分とマグネットでくっついていますので安心!

LEDの部分はこのように光ります。シェードをつけるとこの光を柔らかく演出してくれます。

充電はUSBケーブルで簡単に!

micro USBポートがあるので、そこから充電をします。

充電中にどこかが光るわけではないので、充電できているかが少し不安になってしまうのが欠点かな?と思っています。(ケーブルは付属していますが、USBアダプターなどは付属していません)

チャージ時間は最長4時間、充電後連続使用時間は約4〜7時間ほどです。少し充電時間は長いですが、朝に充電すると夜には使えるようになりますね!

お部屋の主役になってしまうリヤドロのランプがお気に入り!

特にテーブルランプは必要ないかな?と思っていたのですが、飾っているだけで美しいリヤドロのランプの虜になってしまいました。

1つ買うと他のデザインも欲しくなってしまうほど種類が豊富!素敵なカラーやデザインがあるのでお気に入りが見つかると思います。ブログにもレビューを書いているので、ぜひご覧ください。

シェア

いいね

コンテンツへの感想