タイトル画像

トレンド/カルチャー

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

【浜松】街にある落書きの「謎」について追ってみた結果、衝撃の事実判明……

たまちゃん

ライター(浜松市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

浜松市に限らず、どこの街にも一定数存在する「落書き」。一見何の変哲もないような落書きに見えますが、よくよく見ると文字が描かれていたり、なにかのメッセージが書かれていたりとなかなか深い。では一体何の目的で落書きが行われるのでしょうか。今回その落書きについて調べてみました。

街の中に存在する落書きのタイプ

浜松市 / 落書き
浜松市 / 落書き

さて、街の中にある「落書き」ですが大きく2つに別れます。1つは、設備や壁に直接描く、「ペイントタイプ」。

もうひとつは「シール」などを使い、ペタペタと貼り付ける「シールタイプ」。どちらも一長一短あるのでしょうが、どちらかといえば「シールタイプ」が多いように感じます。

浜松市 / 落書き
浜松市 / 落書き

なかには、剥がしたシールの痕跡にさらに文字を彫っていくという、かなり特殊なタイプもあります。

そんな中、今回調べたのが最もよく見かける「シールタイプ」の中でこちらの作品について調査をしてみました。

シールタイプのローマ字

浜松市 / 落書き
浜松市 / 落書き

今回調べたのが、旭町付近に貼られているこちらの作品。一見難しい象形文字のように見えますが、よくよく見ると「S・G・T・L・A」というローマ字が見えます。

また上下にも筆記体でメッセージが書かれており上には「Whats Up From」と読めます。「Whats Up 」は一般的に「最近どう?」みたいな意味合いがあり、その下の「SGTLA」に繋がります。

「最近どうよ!SGTLA」

ということで、まずは「SGTLA」について調べてみることにしました。

すると、案外カンタンにヒットし、その先にはFacebookにたどり着きました。

浜松市 / 落書き
浜松市 / 落書き

街で貼られていた「シール」と同じ図柄がでてきましたので、ここで間違いなさそうです。

では、このFacebookは何の目的なのか。確認してみると、どうやら「タトゥ屋」さんのようで、様々なタトゥを紹介しております。

つまり、街中に貼られていたシールはタトゥをイメージしており、それに興味を持った人が、このページにアクセス。その後、注文を承るという、列記としたビジネスモデルが確立されているのです。

これは驚いた。まさに「QRコード」よろしく、カンタンにサイトに繋がるのだ。これにはQRコードを発明した「デンソー」さんも驚きだね。

浜松市 / 落書き
浜松市 / 落書き

ちなみにこちらの文字もよく見かけます。

「УokΣ」と読むのでしょうか。ロシア語やギリシア文字が混入し、なかなか読みづらい。しかし、通常のローマ字でも同様の記載があり、それを見ると「WONC JOKE」を記載されております。「УokΣ」ではなく「JOKE」なのですね。

では「WONC JOKE」とは何なのでしょうか。さっそく検索してみたのですが、海外のラジオ番組・アーティスト等様々ヒット。

しかし、これと言って、この落書きと結びつける決定的な根拠となる要素はありませんでした。

おそらく、正体は詳しく明かさないが「俺達はここに居るぜ」的なある種のアピールなのかもしれません。

そういった意味では先程の「タトゥ屋」とはまるで目的が異なります。だからこそ読みづらいというのがあるのかもしれません。

意外にも奥が深い街角の落書き。「景観を損ねる」という意味合いでいつ消されるかわかりませんが、それまで注意深く見てみるのもよいのかもしれません。

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

コンテンツへの感想