タイトル画像

How to

  • いいね

小学生ソロキャンパーに突撃取材!ゆるキャン△ギア続々登場【in ハートランド・朝霧】

タナちゃんねる【ソロキャンプ動画】

ソロキャンプYouTuber

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

今回はハートランド朝霧で出会った小学生キャンパーさんに取材させていただきます!

【実際にインタビューしている様子も一緒にどうぞ!】

小学生キャンパー・まりんさん紹介

今回取材させていただいたのは、小学2年生キャンパーのまりんさんです。

7歳ながらテントで一人で一晩過ごしたり、取材の受け答えもしっかりしていたりと、かなり頼もしい印象でした。将来有望なキャンパーさんですね。

小学生キャンパーへ質問コーナー

せっかくなので色々質問させていただきました。

Q.今日は一人でキャンプをしたんですか?

A.となりにパパのテントがあるけど、寝るときは一人で寝ました。

タナ:一人でも全然怖くなかったみたい。すごいです。

Q.今まで何回くらいキャンプをしたことがありますか?

A.パパやママ、お兄ちゃんとは何回もキャンプをしています。ただ一人でのキャンプは今回が初めてです!

Q.初めての一人キャンプ、楽しかったですか?

A.はい、楽しかったです!

タナ:この年齢でソロキャンプを満喫しているとは!

Q.好きなキャンプ料理はありますか?

A.今日食べたパパのパスタです。

タナ:料理はお父さんに作ってもらったようです。どんな味なのかとても気になりますね~。

Q.楽しかったキャンプ場はどこですか?

A.ふもとっぱらとハートランド朝霧です。

タナ:タナもよく取材に行くキャンプ場!もしかしたらまた会ったりするかも?

小学生キャンパー・まりんさんが使用するキャンプ道具紹介

では、まりんさんの使っているキャンプ道具紹介に参りましょう。

まさに「ゆるキャン△!」というギアも出てくるので注目です。

ランタン :【スパイス】スマイルLEDランタン タンポポ

まずはスパイスのスマイルLEDランタンです。

キャンプ道具で好きなものを聞いたら、こちらを紹介してくれました。

自分用のランタンとして買ってもらったそうです。

自分で種類や色を決めたんですから、一番思い入れがあるキャンプ道具になりますよね。

タナ:スマイルがとってもかわいいです!

もうピンと来てる人もいると思いますが、ゆるキャン△のなでしこが作中で使っていたランタンになります。

タナ:カラーもタンポポで同じですね。

1,000円以下で買えるお手頃ランタンでカラーも豊富!

タナ:明るさ的にサブランタンとして使うのがおすすめです!

焚き火グリル :【笑’s】Bー6君

なんと2連続でゆるキャン△ゆかりのギアが登場!笑’sのコンパクト焚き火グリル『Bー6君』です。

主人公の一人であるリンちゃんが使っていましたね。

その見た目から、作中では『メタル賽銭箱』なんて呼ばれ方もしていました(笑)

タナ:漫画では2巻第9話から登場しています。

特徴はそのコンパクトさ。折りたたむと、ほぼB6用紙と同じ大きさになります。名前の通り、厚さも18mmと薄いです。

また重さも500gと軽量なので、荷物をコンパクトにしたいソロキャンパーさんにおすすめです。

エプロン

続いては、まりんさんのエプロン。

タナ:おしゃれなエプロンです!

このエプロンがあれば、食事のときに服が汚れなくて済みますね。

ファイアスターター

火はまさかのファイアスターターで点けているそうです!

タナ:ファイアスターター!?かなり本格的。

画像だとわかりにくいですが、動画だとしっかり火花が出ています。

何回か試しただけで、ちゃんと火花が出るようになったそうですよ。

タナ:これは生まれ持った才能か何かかもしれませんね!

テントの中

ではテントの中も見させていただきましょう。

テント内はいかにも女の子という感じで可愛らしいですね。

就寝グッズは寝袋とお母さんから借りたコット。寝袋は朝自分で片付けたみたいで、しっかりしています!

タナ:ここで一人で寝たんですもんね。本当にたくましい小学生です。

一人では寝ていましたが、一匹はいたようでクマさんのぬいぐるみと一緒に寝ていたそうです。クマさんがいたから、より安心して眠れたのかもしれないですね。

奥にあるバックにはぬいぐるみや絵本、そして「キャンプファイル」と書かれた、すみっこぐらしのクリアファイルが...!

中にはたき火の使い方について書かれた自作の紙が入っていました。

<キャンプルールたき火>

  • ①たき火はたき火台でやる。
  • ②たき火をするときは、木の枝より薪がおすすめ。

タナ:予習をかかさない姿勢。僕も見習わなければいけませんね。

こちらのバッグには小さな可愛らしいフライパンが入っています。

これで何か作ったのかな?と思いましたが、まりんさんはこのフライパンの存在に気付いてなかったみたいです(笑)

このとき初めて気付いたようで、もしかしたら両親からのささやかなサプライズだったのかもしれませんね。

ここで、まりんさんへの取材は終了です。

たくさんお話を聞かせていただきありがとうございました!

小学生キャンパー・まりんさんのお父さん登場!

ここからはお父さんに登場していただきます。

タナ:娘さんのインタビューを暖かく見守ってくれていました。

先ほどのタナもそうでしたが、お父さんも娘さんのたくましさに少し驚いたそうです。

ソロキャンプをやりたいという行動力や一人でも寝られるたくましさに、子どもの成長を感じるキャンプになったのかもしれませんね。

タナ:小2の時のタナじゃ、テントで一人なんて無理ですよ(笑)

ちなみにギアは家族で使っているものを持ってきたそうです。

テーブル周りにあるのは、娘さんのために下ろしてあげたそうですよ。

オリジナルたき火台

なんとこの珍しい形のたき火台、お父さんの会社と豊田にある工房がコラボして作った商品だそうです!

その名も『火喜小森(HIKIKOMORI)』。穴がたくさん空いたデザインがとてもオシャレです。

ただ「穴がこんなにあったら、灰があふれ出ちゃうんじゃないの?」と思った方もいますよね??

安心してください!全然下に落ちません。

24時間燃やしたあとでも、こんなちょっとしか灰はこぼれていません。

たき火シートについている跡も、燃え尽きた後に吹いた風で少し飛んでしまったものでしょう。

灰が落ちない理由は、計算された風の取り込み方にあります。穴から風がイイ感じに吸い込まれるので、薪が下の方から燃えます。

そうすると下から灰になり、横にこぼれることなく底に灰が溜まってくれるんです。

タナ:このデザインはオシャレさと機能性を両立しているわけですね。

穴からは灰がこぼれない代わりに、熱がかなりでてきます!針葉樹も広葉樹も燃え尽きるほどの熱を余すことなく感じることができるんです。

タナ:燃焼効率・熱放射ともにかなり優秀なたき火台!

本体下部にも注目です。火を入れると赤く浮かび上がる富士山が切り抜かれています。

その赤い富士山はまさにハートランド・朝霧から光景そのものです。なんとも粋なデザインですね!

片付けの際は本体と台座をそれぞれ分解するだけ。

各4枚で構成されており、すべての板が同じ大きさなので、全部重ねてひとまとめにして収納できるのも魅力です。

大きさは2種類あります。

  • 火喜小森:29,700円
  • 火喜小森 極:55,000円(大きさが1.5倍!!)

通常サイズの火喜小森のみ、素材をステンレスと黒皮鉄板のどちらか選べます。

お父さんの勤める会社について

最後はお父さんの会社についてお聞きしました。

会社名は『LSAP』(エルサップ)。Land Sea Air Playの頭文字を合わせたもので、地球上のあらゆるものを学び・感じ・遊び尽くすという理念の会社です。

タナ:陸・海・空。すべてを楽しもうということですね!

LSAPのツアーガイドについて

LSAPはハートランド・朝霧で、ツアーガイドを行っています。

キャンプやアクティビティーなど色んなものを入れたツアーが組まれており、スマホと財布さえあればOK!思いっきり楽しめます。

アクティビティの内容はパラグライダーや樹海探索、マス釣りなどさまざま。最近だと体験型の人気が増えているみたいです。

コロナでも安心な日帰りで完結できるものとして、近くの農場で牧場体験などの体験系アクティビティが人気みたいですよ。

タナ:とても楽しそう!タナも参加してみたいです。

LSAPのドローンについて

こちらはDJIのMavic 2 Proというドローンです。

元々ドローンのパイロットをされており、キャンパーさんやイベント時の撮影を依頼されることが多いそうです。

他にも違うサイズのドローンがいくつかあり、それらを使い分けて色んな撮影をしています。

タナ:いい映像が撮れていますね~!

おわりに

今回は小学生キャンパーさんに取材させていただきました。

キャンプを本格的に楽しんでいて、将来が楽しみなキャンパーさんでしたね。お父さんの貴重なお話しも聞けて良かったです!

最後までお読みいただきありがとうございました。

シェア

いいね

コンテンツへの感想