タイトル画像

How to

  • いいね

【ファミリーキャンプに最適】10万円以下のおすすめ2ルームテント7選

タナちゃんねる【ソロキャンプ動画】

ソロキャンプYouTuber

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

今回はリビングと寝室を兼ねた、10万円以下の2ルームテント総集編です。

テントとタープのスタイルも開放的で快適ですが、プライベート感を確保できる2ルームテントもおすすめです。

過去200組以上キャンパーさんを取材していますので、取材した中から実際の使用例や感想を紹介します。

1.snowpeak(スノーピーク)エントリー2ルーム エルフィールド

最初に紹介する2ルームテントは、スノーピークの「エントリー2ルーム エルフィールド」です。価格は税込みで87,780円です。

【特徴】

スノーピークの初心者キャンパー向けの2ルームシェルターです。

シンプルな構造で必要な機能に絞り込むことにより、手の届きやすい価格が実現されました。

インナールームとルーフシールドを標準装備しているので、テントとしてもシェルターとしても使用可能です。

対応人数は4人。リビング・寝室ともに家族団らんで過ごすのにぴったりなサイズになっています。

【タナの一言】
スノーピークのエントリーモデルの2ルームテントですが、初心者からベテランキャンパーまで、幅広く使われています。

人気の秘密は安い価格帯ながら、スノーピークの高い品質が保証されていること。冷気を遮断するサイドスカートや、保温効果があるルーフシートが標準装備されているなど、エントリーモデルとは思えないクオリティです。

口コミでは「大雨の中、3日間連続で使用してもまったく雨が侵入しなかった」「縫製やガイロープ、ポールなど細かいところまで、しっかりと作られているので雨や風でも安心でした」など、品質の高さが評価を集めていました。

安価で長く使い続けられる2ルームテントを探している方におすすめです。

2.snowpeak(スノーピーク)ヴォールト/ エントリーパックTT

2つ目にご紹介するのは、スノーピークのエントリーパックTTです。価格は税込みで54,780円です。

【特徴】

設営しやすいアーチフレーム型テントと、定番のヘキサ型タープをセットにしたスノーピーク渾身のエントリーモデルです。

寝室となるテントとリビングになるタープのセットなので、初めてキャンプをする人でも快適に過ごせます。

対応人数は4人。大人二人と子供二人なら、広々とした空間で家族団らんを過ごせるでしょう。

【タナの一言】
スノーピーク品質かつテントとタープがセットになって、この価格は驚きです。

エントリーモデルながらUVカット加工や雨を弾くテフロン撥水加工など、家族で初めてのキャンプでも安心して使えます。

ユーザーレビューでは「予習の成果があり1時間もかからずに設営ができた」「2人で1時間半くらいかかったけど、初心者でも簡単に組み立てられた」など、設営のしやすさが高評価を得ています。

これから家族でキャンプを始めたいという人におすすめのテントです。

3.Coleman(コールマン)タフスクリーン2ルームハウス

3つ目にご紹介するのは、コールマンのタフスクリーン2ルームハウスです。価格は税込みで67,800円です。

【特徴】

一人でも設営しやすく、ワイドなリビングスペースを備えた2ルームテントです。

前室は全面メッシュになるので、夏場の虫が多い時期でも安心です。定員は4~5名。付属のキャノピーポールを使えば、リビングがさらに広々とします。

【タナの一言】
タフスクリーン2ルームハウスは流石コールマンだけあって、キャンパーに嬉しい機能が揃っています。

電源コードを室内に取り込めるファスナーや設営が簡単になるアシストクリップ、雨の日でも濡れないで設営できる吊り下げ式インナーなど、快適にキャンプができるように考え抜かれています。

口コミでは「人生初テントでファミリーキャンプで使っているけど、何も困ることがない」「とても広いので小型冷蔵庫や猫のトイレやゲージなど荷物をリビングに入れても、ゆったり過ごせる」など、とても満足しているユーザーの声が多く寄せられています。

4.サバティカル ギリア

4つ目にご紹介するのは、サバティカルのギリアです。価格は税込みで43,780円です。

【特徴】

2人用インナーと5人用インナーが付属しています。

2人用インナーを取り付ければ、リビングと寝室の2ルームテントとして使用が可能。5人用インナーを取り付ければ、広い寝室と前室付きのテントとして使えます。

ブリッジフレーム構造のためサイドパネルを大きく開放できます。またブリッジフレームは風に強いので、少ないガイロープでも高い耐風性があります。

生地はポリエステル素材にフッ素加工とポリウレタン加工をすることで、防水性と撥水性を持たせています。コットン素材に比べると軽量でコンパクト・メンテナンスも簡単です。

【タナの一言】
ギリアの特徴は何といっても、2人用と5人用のインナーが付属している点です。

2種類のインナーが付属しているので、ソロやデュオでのキャンプからファミリー・グループキャンプまで、幅広く対応できます。

またインナーを使用しなければ、大きなシェルターとしても使えます。

ユーザーレビューでは「2人泊でも5人泊でもギリア一つでOK!カラーリングやデザイン性も高くて汎用性に優れたテントです!」「インナーテントが付属してこの価格は魅力的。天井高は170cmですが、あまり気になりませんでした。」など、汎用性の高さが高評価を得ています。

いろいろなスタイルでキャンプをする方におすすめです。

5.SABBATICAL(サバティカル)アルニカ

5つ目にご紹介するのは、サバティカルのアルニカです。価格は税込みで84,480円です。

【特徴】

4人用インナー付きの2ルームテントです。インナーを外せば8~10人に対応するシェルターとして使用可能です。

両サイドはフルクローズ・メッシュ・全開放・跳ね上げの4パターン、プライバシーの確保や風通しを良くするなど、状況に合わせて変化させられます。

前後のパネルの下部にはベンチレーションが付いています。雨が降っている状態で空気を入れ替えたい時に便利です。

【タナの一言】
アルニカはトンネル型のアーチが美しく、キャンプ場でとても目立つ存在です。

トンネル型は初心者でも設営しやすいので、これからキャンプを始めるファミリー向けのテントと言えるでしょう。

全面メッシュになるので夏でも快適ですし、スカート付きなので冬でも冷気を防いでくれます。エントリーモデルながらオールシーズン使用可能な優れものです。

ユーザーレビューでは「ゲリラ雷雨に打たれたが、雨風ともに耐えてくれた!」「メッシュが多いのでとても快適に過ごせた!」など、性能面で高評価を得ています。

また「いろいろな機能があるのに値段が安くてコスパ最高!」という声もありました。

季節・天候問わずにキャンプを楽しめるテントを探している方におすすめです。

6.DODカマボコテント3(M)

6つ目にご紹介するのは、DODのカマボコテント3(M)です。価格は税込みで、64,900円です。

【特徴】

コンパクトなサイズながら、リビングは大人10人がくつろげる程の広い空間があります。寝室では最大で大人5名程度が寝られます。

最小で4m×7.5mの幅があれば設営可能。日本のオートキャンプサイトに合わせて設計されたサイズになっています。

お座敷スタイルで楽しめる「カマザシキ」やプロジェクター用スクリーンになる「カマボコシアター」など、オプション品が豊富で、自分好みのキャンプスタイルを楽しめます。

【タナの一言】
独特な形状のカマボコテント3ですが、毎回抽選販売になるほど大人気のテントです。

抽選販売のスケジュールが公表されることもあるので、カマボコテント3が欲しい方は公式サイトをこまめにチェックしてみましょう。

口コミでは「ベンチレーターやメッシュの部分が多いので通気性がいい!」「天井が高いので移動しやすい」など、テントの快適性に評価が集まっています。

抽選販売のため購入するのは難しいですが、販売しているタイミングを見つけたら抽選に応募してはいかがでしょうか。

7.villimetsa(ヴィリメッツァ)  トンネルテント

最後にご紹介するのは、ヴィリメッツァのトンネルテントです。価格は税込みで19,900円です。

【特徴】

安価な価格ながらキャノピー・メッシュスクリーン・前後にある入り口など、高機能なトンネルテントです。

UVカット率が90%以上なので夏の強い日差しの下でも、心地よい日陰を作れます。

テント内の高さは約190cm。高身長の方でも屈まないで移動が可能です。

【タナの一言】
2ルームテントは比較的高額なものが多いですが、ヴィリメッツァのトンネルテントは驚異の2万円弱で購入できます。

キャンパーさんのお話を聞くと、DODのカマボコテント3よりも使いやすいとおっしゃる方もいました。

口コミでは「価格がリーズナブルで初心者には良いテントだと思う」と値段の安さを褒める一方で、「ペグやポールの品質など値段なりの作りだった」という声もありました。

安い価格でトンネルテントを試しに使ってみたいという方におすすめです。

〈まとめ〉

2ルームテントは寝室とリビングを一つのテントで完結できるので、とても便利なアイテムです。

タープよりも雨の吹込みが少なくなるので、天候が悪くても快適に過ごせます。リビングや寝室の広さはテントにより大きく異なるので、自分のキャンプスタイルに合わせて選びましょう。

また2ルームテントはテント内で過ごす時間が長くなるので、スカートの有無やベンチレーターによる通気性も重要です。

快適性と居住性を考えて、みなさんにぴったりの2ルームテントを選んでください。

シェア

いいね

コンテンツへの感想