薄型軽量でスタンド付きのMagSafe対応モバイルバッテリー!iPhone12シリーズ必須アイテム。

tao/ロピログ

モノ系ブロガー/ライター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

iPhone 12シリーズから新しく搭載された、マグネット式のワイヤレス充電MagSafe

近頃は、そんなMagSafeに対応する他社製アクセサリーが多数出揃ってきています。

中でも、この背面マグネットの特性を抜群に活かしているのが、MagSafeの最大出力15Wに対応するCIOのモバイルバッテリー「MB5000-MAG」。

薄型軽量で、USB PDの急速充電、スタンド機能、Lightning入力と汎用性抜群のモバイルバッテリーです。

今回は、そんなCIO MB-5000-MAGの魅力について紹介します。

ご提供品
本記事はメーカー様より商品のご提供を頂き作成しています。

外観とサイズ

シリコンの吹付加工で、ツヤ消しの効いた本体。しっとりとした質感で手馴染みがいいです。

背面には折りたたみ式のキックスタンドをそなえます。メッキなので指紋がつきやすいのかなと思いましたが意外とそうでもなく、作りもしっかりしていて安定感も良好。

重さは約135g。5,000mAhと大容量ながらかなりの軽量設計です。

マグネットの磁力も強力。MagSafe部分にピタッとくっつき、スタンドを摘んでぶら下げても全く外れる気配なし。バッグやポケットの中でも安心して使うことができます。

iPhone 12 Proをバッテリー残量0%の状態にして充電を開始したところ、1時間で40%まで回復し、約3時間でフル充電できました。

ちなみに、表面はQi充電にも対応しているので、Qi対応のスマホやイヤホンならワイヤレス充電できちゃいます。

ケーブルの併用で2台同時充電も

さらに、USB-Cによる有線接続にも対応。最大18W出るので、最新スマホからiPad Proなどのタブレットまで急速充電ができます。

MagSafeとUSB-Cを併用することで、スマホの2台充電も可能です。合計出力は12Wに制限されますが、緊急時の充電には十分ですね。

まとめ

ケーブルレスでiPhone 12シリーズを手軽に充電ができるCIO MB-5000-MAG。

薄型軽量で、スタンド機能や有線接続にも対応していることを含めて、iPhone 12シリーズのモバイルバッテリーの決定版と言っていいんじゃないでしょうか!

シェア

いいね

コンテンツへの感想