タイトル画像

モノ/ガジェット

  • いいね

心地良い肌触り。極薄・軽量のiPhone13用ケース「THE INFINITE AIR」レビュー

tao/ロピログ

モノ系ブロガー/ライター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

CASEFINITEから発売されたiPhone13シリーズ用ケース「THE INFINITE AIR」。

”とにかく肌触りが良い”と評判のケースですが、筆者自身しばらく使用し、質感、デザイン、フィット感どれをとっても素晴らしいケースだと感じたので、今回はそんなTHE INFINITE AIRの魅力を詳しく紹介していきます。

本記事はメーカー様から商品をご提供いただき作成しています。

どこまでもシンプルで上品な質感

カラーバリエーションはこちらの4色。左からピアノブラック、ソニックグレー、ダークグレー、アイボリーとなっています。

どれも主張しすぎないやわらかい色味で、どのカラーのiPhoneと組み合わせても自然に溶け込みそう。

開封前からワクワクするような高級感たっぷりのパッケージに入って到着。開封すると、ケース本体、使用方法がイラスト付きで描かれたマニュアルが入っていました。

こちらが、インフィニティエア本体。表面にロゴなどはなく、どこまでもシンプルなデザイン。

実際に触ってみると、シリコンとラバーの中間の様な質感で、純正シリコンケースに比べてサラサラしている印象。想像以上に肌触りが良く、手に吸い付くようなフィット感があります。

下部には、ケースを取り外しやすくするためのスリッドが入っています。薄いケースの場合、着脱する際に力をかけてしまって割れることがあるんですが、この一工夫のおかげで余分な力を入れずともスムーズに取り外しができます。

そして、特筆すべきはこの薄さ。耐久性を維持しつつ、できる限り筐体を薄く仕上げているのがインフィニティエアの特徴。ボタン周りの穴を見てもらえれば分かるかと思いますが、本当に薄いです。

Apple純正のシリコンケースも薄い作りですが、こうして見比べてみるとそれ以上に外枠が薄いですね。

iPhone 13 Proに装着してみた

早速、iPhone 13 Pro シエラブルーにピアノブラックを装着してみました。

ピアノブラックといっても、決して光沢があるわけでは無くあくまでマットな質感。スマホ込みで手に取ると、手に吸い付くような肌触りが心地よくグリップ感もしっかりあります。

大幅にサイズアップしたカメラ周りもしっかり保護。カバーの出っ張りのおかげで、机に置く際にレンズが直接干渉しないので安心。

ボタン、ミュートスイッチも、ほんの少し内側に奥まる感じで、押し心地も良いです。

底面のLightningポートも広めに出てるので、大きい口のケーブルでも接続できます。マイク穴、スピーカーもピッタリのサイズでくり抜かれており、位置づれもありません。

そんなインフィニティエアは、MagSafe対応製品なので、MagSafe充電器も裸の状態と変わらない磁力で吸着できるのも嬉しいポイント。

もちろん、サードパーティのアクセサリーも問題なく使用できます。せっかく12シリーズ以降のiPhoneを使うなら、ケースもMagSafe対応のものを合わせていろんなアクセサリーを組み合わせたいですよね。

シンプルな見た目ながら、心地よい肌触り、ちょうどいいグリップ感、高い保護性能など魅力たっぷりのケース「THE INFINITE AIR」。

薄型軽量なのにしっかりMagSafeに対応している点もとても満足度が高いです。筆者自身しばらくiPhone 13 Proのメインケースとして愛用していこうと思います。4,999円と価格も純正ケースに比べてリーズナブルなので、シンプルで高品質なiPhone 13シリーズ用ケースをお探しの方はぜひチェックしてみてください!

より詳しい使用感については、以下のブログ記事にて掲載しています。

CASEFINITE インフィニティエア レビュー|心地良い質感。薄型・軽量のMagSafe対応iPhone 13ケース

シェア

いいね

コンテンツへの感想