タイトル画像

専門マスター

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

システム手帳の決定版的相棒メモ帳はこれだ!レイメイ藤井の「メモマ」は、コロンブスの卵のように画期的

舘神龍彦

手帳評論家・デジアナリスト・歌手

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

相棒のメモ帳はなにか問題

 システム手帳と併用するメモ帳には何を選ぶか。
 これは日本にシステム手帳が登場して以来(つまり'80年代後半~)の課題だと言えます。
 システム手帳は、一冊の中に予定もメモも、またカード類などもまとめて収納できます。対応するリフィルをセットすれば、財布代わりにすることもできます。
 ともあれ、思いついたらさっとメモをとるという用途には対応していません(表紙部分がジョッターになった文具王手帳という例外もあります。本稿の趣旨とは外れるので別の機会があれば説明します)。

 それは、バインダーがちょっと大げさだからです。
 すべてのものを集約してあるからこその大きさ厚みがあります。これがさっとメモする用途には向いていないわけです。タイプによっては、表紙を固定するベルトもあります。このベルトは、かばんに入れたときには開きにくさに貢献する一方で、すぐにメモをとろうとするときには邪魔になる訳です。

 そして今回紹介する「ダ・ヴィンチ メモマ」(以下メモマと記)は、このすぐにメモする用途にぴったり。バインダーとも相性が良く、システム手帳の相棒的なメモ帳です。

メモマはこんな構造

 「メモマ」の構造は、とてもシンプルです。まず本体の外側にはカバーがあります。この背面には、システム手帳バインダーにかんたんにセットできるアタッチメント的パーツがあります。スライドさせると本体の左側に出てきます。ふだんはスライドしてしまっておきます。システム手帳にセットするときには引き出して、バインダーの金具にセットできるようになっています。

「メモマ」を裏返したところ。アタッチメント部分が収納された状態。右側にスライドさせて、金具にセットできるつめを出して、バインダーにセットする。
「メモマ」を裏返したところ。アタッチメント部分が収納された状態。右側にスライドさせて、金具にセットできるつめを出して、バインダーにセットする。

合体分離がかんたん

 使い方のイメージは以下になります。

 まずふだんは、システム手帳のバインダーにセット。そして必要に応じて単体で取り出します。この状態なら筆記具さえあればいつでもかんたんにメモできます。

 そして、バインダーにあらためてセット。システム手帳のリフィルに転記すべき事があれば転記します。ここは使い方が人によって異なるのでそうしなくてもいいでしょう。ともあれ、これでシステム手帳の各種情報と、「メモマ」に書いた情報がバインダーの中に一元的に管理されるわけです。

セットしたところ。
セットしたところ。

はずしたところ。アタッチメント部の切り欠きによってバインダーへの着脱も簡単
はずしたところ。アタッチメント部の切り欠きによってバインダーへの着脱も簡単

それまでのシステム手帳用メモ帳との違い

 それまで、システム手帳用のメモ帳といえば、リフィルを綴じた構造のものがありました。レイメイ藤井やデザインフィルのPLOTTERブランドで出ているものがそれです。

 リフィルを綴じた構造なので、バインダーにそのまま綴じることができます。また、必要な部分だけカットしてバインダーに綴じられるのもメリットです。ただ、着脱にはリングの開閉が必要な点や、単体で持つとどうしても外観がへたってくるデメリットもありました。 

  また、単体のメモ帳をバインダーの内側にセット・併用するやり方もあります。これは手軽な反面、取り出しと、メモ帳が挟まれたバインダーの内側の面が隠れてしまうという難点がありました。

 「メモマ」は、バインダーの金具にセットできるアタッチメントとメモ帳のカバーを合体させることで、この問題をクリアしたわけです。

予定とメモを同時に参照

 メモマならではの使い方もあります。それはシステム手帳の中の予定と、メモを同時に参照することです。

 システム手帳の中のメモページは、予定のリフィルと並べてみることはできません。バインダーから外せば別ですが、綴じられている限りは、交互にみなおすことしかできません。 

 その点、「メモマ」はかんたんにバインダーから外すことができます。つまり予定記入用リフィルと並べてみることができるわけです。

 展示会では、特別に開発の方にお話しをうかがうこともできました。それによれば、この「メモマ」よりも前に発売したデュアルリングバインダー(リンク)も念頭にあったそうです。このバインダーでは、2つのリングを持つことで、2つの情報、例えば予定とメモ、予定Aと予定Bを完全に同時に見る事を実現していました。

 そしてそれを既存のバインダーの中でもっとかんたんに実現したのがこの「メモマ」ということだそうです。

中身の交換もできる

 「メモマ」のメモ帳本体は、横が約8cm 縦が約16.7cmほど。これは、同社の組み合わせて使う綴じ手帳「グロワール」や、「ハンディピック」(ダイゴー)と同じサイズです。つまり、この2種類(+互換性のある他社の製品)のシリーズで発売されている各種のメモ帳や手帳は、すべてこの「メモマ」のカバーにセットできるわけです。
 今までシステム手帳は、すぐにメモをするような用途に弱いと思われてきました。
 そして実際それは長い間決定的な解決策がありませんでした。
 「メモマ」はこの問題をクリアする現時点でのひとつの最適解のように思われます。

○製品スペック
(バイブルサイズ用)
・Davinci Memoma 2023年月間見開き1ヶ月ブロック式 DKR23081 税込み1320円
・Davinci Memoma 横罫ノートDKR81 税込み1320円

(ミニ6穴用)
・Davinci Memoma 2023年月間見開き1ヶ月ブロック式 DKPR23071 税込み1210円
・Davinci Memoma 横罫ノートDKPR71 税込み1210円

 サンプル提供:レイメイ藤井

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。