タイトル画像

専門マスター

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

A4ルーズリーフバインダーで一元管理できちゃった!後編 名刺や光学メディアが収納できるアイテムはこれ

舘神龍彦

手帳評論家・デジアナリスト・歌手

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

ルーズリーフ規格に対応した各種製品を利用する

 前回は、ルーズリーフ規格のA4クリアポケットのファイル「EASY CHANGE CLEAR BOOK N-1482」を紹介しました。

 これを使うと、A4の資料と記録だけでなく、もっと厚みのあるものや細かな紙片などもまとめて管理できるます。それがルーズリーフの規格のアイテムの特徴なのです。

 今回は後編として各種アイテムが収納できる具体的な製品とその型番を紹介します。

名刺はルーズリーフミニで

「カードポケットミニサイズ」
「カードポケットミニサイズ」

 まず名刺です。関係する人があまり多くない場合にはこのアイテムでいいでしょう。「カードポケットミニサイズ」(L486) (マルマン 330円税込み)
 これはマルマン製のルーズリーフミニ規格のポケットです。
 名刺ぐらいのサイズのカードが縦に2枚収納できます。

光学メディアやレシートの収納は「フラップ付ポケット」

「A4フラップ付ポケット」 
「A4フラップ付ポケット」 

 光学メディアやレシートの収納にはこれが便利です。
「A4バインダー用フラップ付ポケット」 KYOKUTO(日本ノート 209円税込み)

 その特徴は、ある程度のマチがあり、フラップがついていること。
 多少の厚みがあるものならばそのまま入ります。また整理する前のレシートや領収書も収納できます。

記録のための用紙はこれ

「書きやすいルーズリーフ A4」
「書きやすいルーズリーフ A4」

 そして記録用のルーズリーフとしては以下の物がぴったりです。

「書きやすいルーズリーフ A4」(L1100 マルマン 352円)

 その名の通り書きやすさには定評があり、万年筆やボールペンなどいろいろな筆記具で書いても書き味のよさを味わえます。7mm罫と一行の縦幅が広くのびのびと文字が書けるのもポイントです。

 このように、ルーズリーフのバインダーにはここに紹介した意外にもいろいろなアイテムがあります。組み合わせて使うことで、紙やデジタルメディア、名刺や各種紙片、そして記録を一元管理できます。

 また、ここに紹介したアイテム以外にも、各種サイズと用途のものがあります。そしてそういうものが存在していることを知っていれば、家庭での情報の整理・管理が楽になるのです。

 散らかりがちな各種の情報をまとめるのには、ルーズリーフ。効果絶大です。

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。