専門マスター

1分で設定完了【iPhone女性ユーザー必見】正しく知って便利に使うAirDrop痴漢を予防する方法

舘神龍彦

手帳評論家・デジアナリスト・歌手

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

【iPhone】正しく知って便利に使うAirDrop入門1 迷惑行為防止編

・ここがポイント
 iPhoneのAirDrop機能は、きちんと使えばとても便利です。
 iPhone同士ならば、画像はもちろん、Webサイトやメモなども簡単に送信できます。
 やりかたは簡単。送りたい写真などをカメラロールで開き、アクションアイコン(四角と矢印を組み合わせたようなアイコン)をタップ。さらに、送りたい相手を指定してタップします。相手はiPhone以外にiPadやMacBookなども選べます。
 ところがこの部分の設定次第では、迷惑行為に巻き込まれることも。
 具体的には、「AirDrop痴漢」という不快な画像を女性に送りつけて喜ぶような行為に巻き込まれることもあり得ます。
 そこで、今回はその設定方法をご紹介。
 AirDropの受信範囲設定を変更します。
 これを知っておけば、迷惑行為防止はもちろん、AirDropを自由に使いこなせます。

・やってみよう
 AirDropの受信設定を変更します。
1.まずiPhoneのAirDropの設定画面を呼び出します。iPhoneX系ならば画面右上から下にスワイプします(iPhone8以前の機種の場合はホーム画面下から上にスワイプ)。すると各種ツールの画面がでてきます。
2.ここで画面左上の4つのアイコンの集合の真ん中を長押しします。すると、6つのアイコンの画面がでてきます。
3.左下の「AirDrop」のボタンをタップします。4.ここが「すべての人」になっていたら、「受信しない」にしておきましょう

 これで、設定完了です。

 これをしておかないと、たとえばカフェや電車の車内で知らない人から不用意に画像が送られてしまいます。中には、不快な画像を送ってくる「AirDrop痴漢」のような行為のターゲットになる可能性もあります。
 逆に言えばこれさえやっておけば、そのような行為に巻き込まれることはありません。 また、iPhoneには名前をつける設定もあります。そして女性の場合、ここが本名だと、個人情報がダダ漏れの上、上記の行為の標的になる可能性もあります。
 その設定についてはあらためて別の動画で解説しましょう。

 iPhoneを数年使っているユーザーでも、AirDropは実際にやってみると驚かれます。
 私の周囲に限っても、かなり多くの方(女性)が
 そして私はとくに相手が女性の場合は、ここで書いたような注意も含めて解説することにしています。
 まず上記の設定をマスターし、それから自在に使いこなしましょう。

 ちなみに、このAirDropは、iPhoneのBluetoothとWi-Fiを使った機能です。このどちらかをオフにすることでも、
AirDropは利用不可になりますが、いつもそれだとたとえば、Bluetooth対応イヤフォンや、カフェのWi-Fiまで
いざという時に利用できなくなります。そこで受信設定のみを変えるわけです。

・iPhoneは設定が9割
 これ以外にもiPhoneにはいろいろな設定があります。
 スマートフォンはきちんと使えばとても便利な道具ですが、設定がおろそかになっているとかえって不便になります。
 『iPhoneの凄い設定』(えい出版社)では、これ以外にもいろいろ紹介しているのでぜひごらんください。

…続きを読む