専門マスター

絵はがきがふせんみたいに貼って剥がせる両面テープ。手帳やライフログノートに最適なTAP TAPE

舘神龍彦

手帳評論家・デジアナリスト・歌手

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

【絵はがきがふせんみたいに貼って剥がせる両面テープ。手帳やライフログノートに最適なTAP TAPE(タップテープ)】

・ここがポイント
 手帳やノートでライフログや日々の記録、美術館に行った思い出などを綴るのは楽しいですよね。そんなときに役立つのがこのTAP TAPE(タップテープ カンミ堂)。
 TAP TAPEは、裏と表で粘着力が違うタイプの両面テープです。
 使い方は、簡単。ボディの左右を軽くつまみ、本体からでたテープの部分を引っ張って、小さな粘着面を貼りたいもの、たとえば絵ハガキに圧着。
 そして絵はがきをノートや手帳に貼ります。
 ここまでならば今までのテープノリやスティックタイプのノリと同じです。
 違うのは、剥がしやすいこと。
 TAP TAPEは、両面テープながら、裏と表で粘着力が違います。
 絵はがきに貼られた側は強力で、簡単にははがれません。
 反対にノートにくっつく面(外側)は、弱粘着です。貼ったり剥がしたりが比較的簡単にできます。まるでふせんのようです。

・やってみよう
 まず、手帳やノートと、そこに貼りたい写真や絵はがきを用意します。
 次にTAP TAPE(タップテープ)を用意。そして粘着面を出します。
 テープの剥離紙部分を引っ張って小さな粘着面を出し、絵はがきに軽く圧着。
 すると粘着テープ部分がくっつきます。
 さらに絵はがきをノート側に位置決めして貼ります。
 普通の両面テープやノリの場合、一発で決めようとするために、慎重に位置決めをする必要があります。そしてTAP TAPE(タップテープ)の場合は、気軽に貼って気軽に剥がせます。
 この気軽さこそがTAP TAPE(タップテープ)の最大のメリットだと言えます。

・使うポイント
 ここまで説明したように、ノートなどに絵はがきや写真、チケットを貼るのに非常に役立ちます。
 使う時の注意点は、本体両脇をあまり強く押さえないことです。
 また、はくり紙は、あまり長くならないうちに手でカットしましょう。
 さらに、はくり紙が本体に潜り込んだままの状態にすると、引っ張り出すのはむずかしいです。つねに数センチほど出た状態にしておきましょう。

TAP TAPE(タップテープ)
色バリエーション:ホワイト/スモークブルー/マスタード/グレー(全4色)
価格:各450円+税
発売日 2019年8月9日(金)
公式サイト:https://www.kanmido.co.jp/news_2019/0624_taptape.html

…続きを読む