専門マスター

マルマンフェア2019で図案、LAMYコラボアイテム、ルーズリーフ、ニーモシネを味わい尽くす

舘神龍彦

手帳評論家・デジアナリスト・歌手

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

9月5日~9月7日まで開催されたマルマンフェア2019のレポートです

マルマンフェア2019

☆ここがポイント
 マルマンは、一般的にはルーズリーフで広くなじまれていると思います。
 これは学生用を中心に、今ではビジネスパーソン向けのものもあります。また貴重なダイアリーリーフもあります。
 そしてこれ以外にも、スケッチブック(図案)に代表される各種画材の紙や
 ビジネスマン向けのレポート用紙・ノートの「ニーモシネ」などのブランド・製品があります。
 マルマンフェアはここ数年プレス向けに開催されてきましたが、今回は特別に最終日の土曜日のみ一般公開がされました。
 この動画では、私が気になったアイテムを中心に紹介しています

☆注目のアイテム
 まずミニルーズリーフとそのバインダーでしょう。ルーズリーフ自体もこの数年人気が上がっているそうです。そしてミニルーズリーフは、A5、B6の各種バインダーとあわせて使うのに最適なアイテム。メモ帳として、ノートとして、また大型バインダーに上方を移すのにも、そのまま綴じることができてとても便利です。
 ニーモシネは、手帳が復活。ツインリングタイプで月間ブロックとガントチャートの2タイプの記入欄あり。またノートやレポート用紙をカバーにセットして使うなど使い勝手のいい商品です。
 八角形のニーモシネはかなり大型で、ブレスト用。八角形かつ罫はドット方眼なので、どの方向からでも書きやすいのは、形と罫の両方が組み合わさったこの商品ならではの特徴だと言えます。
 そのほか水彩画スターターキットも、筆や絵の具など水彩画に必要なアイテムが専用ポーチにセットされたお得な内容。

☆公式サイトなど
http://www.e-maruman.co.jp

…続きを読む