専門マスター

【手帳紹介】ツインリングで完全に180度開くニーモシネダイアリー2020+3種類のロールふせん

舘神龍彦

手帳評論家・デジアナリスト・歌手

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

☆ここがポイント
 マルマンのニーモシネブランドで待望の手帳が再登場。
 月間ブロックとガントチャートの2つの月間記入欄を持つツインリングの手帳と、やはりニーモシネブランドのノートを専用のカバーにセットした製品です。
 また、新しいロールふせん各種も登場。手帳と併用すればより便利に使える。

☆ここが便利
・ニーモシネダイアリーについて
 もともとニーモシネは、ビジネスパーソンに人気のあるレポートパッドのブランド。
 そのブランドを冠して登場した今回の手帳は、ニーモシネの紙の書き味を生かしつつ、手帳としての使い勝手にも配慮している。
 今回取り上げたのは、「ニーモシネダイアリー2020 マンスリーリングノート&カバー付き」(MNDN-20-05 3000円+税)。専用のカバーの左側にツインリングの手帳を、右にやはりツインリングのノートをセットした製品です。
 まず手帳部分。予定記入欄は月間ブロックの見開きの次に月間ガントチャートが配置されている。ガントチャート部分の項目数は、○項目。さらに下部にメモスペースがある。 一般的にガントチャートは進行管理に用いられるフォーマットですが、ハビットトラッカーと言って、習慣のチェックにも利用できます。すなわち項目には、「腹筋」「休肝」などの習慣を定着させたい項目名を書き、日々の欄にできたかどうかの○×を書いていくやり方がそれです。
 このニーモシネダイアリーを使えば、予定管理以外に進行管理や習慣の管理などもできる訳です。
 バインダーの右側にセットされるノートも利用価値が高いです。ツインリングで完全に180度開く点や、ニーモシネブランドならではの書きごこちのよさは、一般的な手帳とは一線を画すものだと言えます。また、ノートは単体でも販売されており、年の途中でノートがなくなっても差し替えることができます。
 セットする向きを選べるのもポイントです。カバーは、ノートの表紙を右側からも左側からもさせるようになっています。とくに右側から差した場合は、手帳部分と完全に同時に見られるようになります。

・ロールふせん3種
 同時に発売になったロールふせんは3種類あり、どれも手帳と併用することで便利に利用できます。
 ぱっと見は、マスキングテープのようにロールになっていますが、ミシン目がはいっており、一定間隔で簡単にきれいにカットできます。それぞれに記入し、貼ったり剥がしたりして利用します。

Aタブ型 (400円+税)
 半分に折ってノートのインデックスとして利用できます。ノートで複数項目の上方・プロジェクトを管理するときに便利です。

Bフロー型 MNMT2 (400円+税)
 プロジェクトや各種仕事の各行程を記入し、スケジュールや優先順位に沿って並べ替えることができます。

Cタスク型 MNMT3 (400円+税)
 日付とタイトルが記入できます。一つ一つにタスクを書いたり、ノートの見出しとして使うこともできます。

☆公式サイトなど
マルマン
http://www.e-maruman.co.jp
ニーモシネダイアリー
http://www.e-maruman.co.jp/products/detail.php?product_id=3087

…続きを読む