専門マスター

【ノート】ふせんボード付きで項目ごとのアイデアをまとめるのに便利。EDiTアイデアノート(マークス)

舘神龍彦

手帳評論家・デジアナリスト・歌手

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

【EDiTアイデアノート】(マークス)

☆ここがポイント
 EDiTアイデアノートは、ツインリングの横型ノート。
 アイデアを出してまとめるのに便利なノートです。
 今回は新登場したA5サイズを紹介。また、後述するように、ふせんボード付きとなしのタイプ、そしてサイズはA5と従来からあるB5の2種類があります。色バリも5種類。うちスノーホワイトは限定色です。
 ポイントはなんと言ってもふせんボード付きのもの。
 キーワードを書き出して、それに沿って項目をまとめていくようなやり方が簡単にできます。
 また、本文の7mmドット方眼(ブルー)は、文字や図を書くときにはほどよいガイドになり、ふせんを貼るときの目安としても利用できます。

☆使ってみよう
 今回はふせんボード付きのバージョンの活用方法を紹介します。
 ノートの記入面は、タイトル欄と日付欄があります。まずここにテーマと日付を記入して、これから書くアイデアのテーマを確認しましょう。
 そしてふせんにキーワード項目を書き出していきます。
 今回は、製品試作からローンチ、拡販の各時期をテーマとして出しました。
 いろいろなフレームワークなども応用できます。
 ふせんにキーワードを書き出したら、それをノートの面に貼っていきます。
 4mmドット方眼のドットをガイドに使うとふせんをきれいにはることができます。
 そしてキーワードの周辺に関連する文言を書いていきます。
 つまりふせんの単語を軸として思いつくことを書くことで、テーマに関する見取り図が少しずつできていきます。
 また、一度書いたノートはたびたび見返して、追記したり書き直したりしましょう。
 そのことでアイデアの精度が上がっていきます。

・ラインナップ
A5 
ふせんボード付き 1300円+消費税
  ノートのみ1000円+消費税(オンラインマークス限定) サイズ:H149×W215×D15mm

B5
ふせんボード付き 1500円+消費税
  ノートのみ1200円+消費税(オンラインマークス限定) サイズ:H187×W257×D15mm

色バリエーション:アプリコットオレンジ、ナイトブルー、ミストグレー、ミッドナイトブラック、スノーホワイト(限定色)

☆公式サイト
 www.edit-marks.jp

…続きを読む