専門マスター

【手帳】専用冊子と解説動画で親切にサポート。NOLTYビジネスベーシックダイアリー(JMAM)

舘神龍彦

手帳評論家・デジアナリスト・歌手

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

【NOLTYビジネスベーシックダイアリー】(JMAM)

☆ここがポイント
 手帳は、使ったことのない人にとってはなかなかハードルが高い道具です。
 予定一つとってもどこに何をどう書けばいいかがわかりにくいからです。
 そしてこれを詳しい冊子と解説動画で手厚くサポートしているのがJMAMの「NOLTYビジネスベーシックダイアリー」です。
 その特徴は以下の点です。
 まず、この手帳のコンセプトとして、「PDCA」が明確に決まっています。これは、仕事に取り組むときにP=Plan、D=Do C=Chiek A=Actionの4つのサイクルときちんと意識し、そのための記入欄が用意されています。
 そして付録の解説冊子。ビジネスに於ける手帳の使い方を丁寧に紹介しています。
 次にメインの予定記入欄の週間バーチカル欄。予定記入欄は「PLAN」「DO」。
 さらに、その外側に「CHECK」「ACTION」の欄がそれぞれ設けられており、一週間の中で仕事のPDCAサイクルをきちんと回すことができるように配慮されています。
 また、巻頭には年間目標欄があり年間目標が記入できます。
 続いて見開き二か月の月間予定欄は、月ごとの目標と振り返りの欄があり実践的です。さらに年間プロジェクト欄は月ごとのガントチャート的な記入欄で、プロジェクトの進行管理などに使えます。
 そして、専用冊子では、各種予定記入欄の記入例が豊富に解説されているほか、QRコードを多数掲載。スマートフォンでアクセスすると、動画配信ページに飛び、各ページのトピックとなる事柄が動画で詳細に解説してあります。
 これでもう手帳の使い方に迷うことはないはず。ビギナーにこそオススメしたい手帳です。

☆使ってみよう
 まず冊子を一通り読みましょう。それから手帳側の各記入欄の解説を対照しながらまた読みます。さらに解説動画もチェック。
 こうやって手帳の記入方法を身につけましょう。解らなかったら、冊子の解説をまたみます。また、手帳術がどれぐらい身についたのかの診断動画もあり、冊子側にその結果を複数回記録できるようになっています。
 つまり仕事のPDCAサイクルを回すだけでなく、手帳術がどれぐらい身についたのかも定期的に計測可能になっています。
 まず使ってみて、冊子で解説を読んで、解説動画で考え方を身につけて、都度都度振り返って、診断ページの動画で身につき具合をチェック、記録してすすんでいく。
 手帳の最大手、JMAMがこれ以上はないほどわかりやすく作ったこの手帳。価格もサイズと内容からは信じられないぐらい抑えられています。

・NOLTY ビジネスベーシックダイアリー(商品番号6700) 2300円+税

関連書籍として
 『12ヶ月成果を出し続けるPDCA手帳術』(川原慎也監修 JMAM)1400円+税
 が発売(2019年9月27日から)されています。

☆公式サイト

http://www.noltyplanners.co.jp/bbd/product/index.html

…続きを読む