専門マスター

【電子ペーパー活用】気分は菅官房長官!新元号発表のあのシーンを電子ペーパークアデルノで再現してみた!

舘神龍彦

手帳評論家・デジアナリスト・歌手

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

☆ここがポイント
 平成31年4月1日、新元号「令和」が発表になりました。
 菅官房長官がおごそかに読み上げ、高々と掲げたあの「令和」を電子ペーパー「クアデルノ」で再現してみましょう。
 とはいっても、クアデルノにただ付属のスタイラスで書いたのでは面白みにかけます。ここは、クアデルノとパソコンを使って、かっこいい令和をきっちり出してみましょう。

☆「令和」のイメージを転送してみよう
 クアデルノにイメージを転送するのには、まずパソコン(Windows)とクアデルノ本体の連携が必要です。
 専用ソフトをインストールしてペアリング後は、パソコンのファイルの印刷先として「Fujitsu Digital Paper」が表示されるようになります。
 今回はこの仕組みを利用します。
 まずネット上で令和を画像検索。このうち出てきたフリー素材の毛筆のものを画像としてコピーします。そしてWordを開いてA4サイズの紙を設定します。そこに先ほどコピーした令和の手書きイメージを貼り付け。位置とサイズも調整します。
 そして、印刷先として、「Fujitsu Digital Paper」を選択します。このとき、電子ペーパー側の電源が入っていることを確認してください。
 パソコンから印刷をすると、クアデルノにそのファイルが表示されます。
 あとは、白のドレスシャツと青のネクタイ、スーツかジャケットを用意して掲げるだけです。
 来年は令和二年。新しい時代に胸をはっていきましょう。

☆披露するときの小技
 これは11月中よりは、年末になって、一年を振り返るムードが高まってきたときに、やると効く技ですね。とくに、ガジェット好きな人に、クアデルノの、各種機能、たとえば、フォーマットとして無地も方眼もスケジュールも内蔵されているとか、PDFファイルを読み込めるとか、専用スタイラスで赤入れができるとか、PDFファイルを大量に内蔵させて電子書籍リーダー的にも使えるとか、さんざん説明したあとに、「でも僕が一番好きなのはこの機能なんです」といってから、この「令和」のファイルを表示させつつ、やや高く掲げる。これはうけますよ。何回も成功しました。

☆公式サイト
クアデルノ
https://www.fmworld.net/digital-paper/top.html

…続きを読む