専門マスター

【ペンホルダー】マグネット式で簡単に手帳にフィット。ペンホルダーでペンを常時携帯しよう

舘神龍彦

手帳評論家・デジアナリスト・歌手

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

【ペンホルダー】マグネットペンホルダー(デルフォニクス)で手帳とメモにいつもペンをつけて携帯しよう

☆ここがポイント
 今回紹介するのは、「マグネットペンホルダーシングル」(デルフォニクス)。小型の手帳やメモと相性の良いペンホルダーです。
 手帳やメモ帳は、メモするのにはつねに携帯したいものです。そして必須なのがペン。ペンなくしては手帳やメモ帳は記録媒体として利用できません。ひとつあれば入力できるスマートフォンとはそこが違うところです。
 そこで利用したいのがペンホルダー。できるだけコンパクトでしかもしっかりしたものがあれば、いつでもどこでもメモができます。

☆見てみよう
 まず本体は合成皮革製で、革のような表面の質感がシックな印象です。ペンをホールドする部分は筒状になっています。メーカーサイトによれば、直径11mm以内のペンを2本収納可能となっています。筆者の例だとだいたい直径8mm程度のもの1本が良いようです。
 そして手帳やメモ帳とは、マグネットの仕組みを利用してとりつけます。表紙部分に挟み込みます。
 今回テストしたのは、SARASAグランド(ゼブラ)、ジェットストリーム3色スリムコンパクト(三菱鉛筆)カートリッジインク用万年筆(エルバン)のいずれもすっきり収まりました。
 また、ペンホルダーとペン本体の色の組み合わせにも注意してみましょう。今回は、ゴールド、青、クリアでしたが、ペンホルダーの色によって似合うペンの本体色も変わってくるはずです。
 また、注意したい点もあります。エルバンの万年筆は私の好みでテストしてみましたが、基本的にはノック式のペンをオススメします。この万年筆のようにキャップ式のペンは、キャップから本体が脱落する可能性が皆無とは言えないからです。
 ペンホルダーの色もポイントです。今回紹介しているのはダークブルーですが、色の展開はレッド、グレージュ、ダークブルー、ダークブラウン、ブラック、ホワイト、ライトピンク、ライトブルーの全部で8色。手帳やメモ帳と合わせたときに同系色でまとめるのか、対照的な色でコントラストを強調するのか、いろいろ考え方があると思います(動画の例はあまりいい色の組み合わせではないかもしれません)。
 それと、手帳やメモのサイズもポイントです。あまり大きなものだとサイズ感がアンバランスになります。これはやはりA6版程度の小型の手帳、メモ帳とあわせるとかわいい感じにまとまるかと思います。

☆公式サイト
デルフォニクス マグネットペンホルダーシングル 935円(税込み)
https://shop.delfonics.com/fs/delfonics/500430

…続きを読む

専門マスターの新着作品

すべて見る

こちらのクリエイターもおすすめ

すべて見る

タグから探す

すべて見る