専門マスター

【ふせん】手帳と一緒に使いたい!個性派ぞろいの無印良品「MUJI」のふせん各種を紹介します

舘神龍彦

手帳評論家・デジアナリスト・歌手

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

【ふせん】手帳と組み合わせて使いたい。どれもワザありの無印良品MUJIのふせん
☆ここがポイント
 ふせんは手帳ととても相性のいい文房具の一つです。
 インデックスや、メモ、情報カードがわりにもなり、メッセージ伝達用にも使われます。表面の装飾が大きなものはシール代わりの役割も持っています。
 現在日本ではおよそありとあらゆる種類のふせんが発売されています。
 今回は無印良品のふせんを取り上げます。
 無印良品の文房具のよさの一つは、入手しやすいこと。
 全国の無印良品の店舗で比較的簡単に手に入ります。
 また、価格もそう高くありません。華美なデザインのものこそありませんが、シックで落ち着いた独特の表情は長く使っても飽きません。

☆各製品のポイント
・チェックリスト付箋紙 タスク管理に 
 いわゆるToDoリストが表面に印刷されたものです。やはり手帳に貼って、その面の予定欄のどこでToDoを実行するか考えてみるといいでしょう。

・インデックス付箋紙
 文字通り、インデックス代わりに使うものですが、ペンは油性のボールペン推奨です。ともあれ貼って剥がせるのは意外と便利。簡単に貼る位置のやり直しができます。仕切り項目が増えても追加することもできます。

・「隠せるメモ付箋紙」。まず普通に面にメッセージなどを書きます。次に上部にあるスリットに、下端部を折りたたんで差し込みメッセージを隠すことができます。動画では、時間になったら開くリマインダー的な使い方をしています。
 「貼ったまま読める透明付箋紙」本や雑誌などに指示をつけて渡すときや、手帳の予定欄の上に仮の予定値や目標値を書いておきたいときに便利です。
 このタイプのものは他の文具メーカーのものが最初だったと記憶しますが、クラフトペーパーで作っているところが無印らしいところでしょうか。

・インデックスにもなるチェックリスト付箋紙
 これは、上記のチェックリストふせんの進化判。タスク一覧を書いておき、それに関連する手帳やノートの面に、ややはみ出させて使います。
 こうすることで、タスクのリマインドとノートの情報のすばやい参照の両方が可能になります。

・「ノートがふやせる付箋紙」。文字通り大きな面積を餅、手帳やノートの記入面が足りなくなったときに利用できます。
 罫線は横と縦にあり、書き方、貼り方で、どちらの方向にも利用できます。記入面の延長として使うにはこれほど便利なものもありません。とくに手帳の場合、その週、日の面に情報をまとめておきたいことがたまにありますが、このタイプはそういう用途にぴったりです。

☆公式サイト
無印良品
https://www.muji.net/

…続きを読む

専門マスターの新着作品

すべて見る

こちらのクリエイターもおすすめ

すべて見る

タグから探す

すべて見る