専門マスター

【iPhone手帳術】起動しなくても情報が参照できる。いざとなれば起動も!ウィジェットを活用しよう

舘神龍彦

手帳評論家・デジアナリスト・歌手

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

【iPhone手帳術】ホーム画面から右にスワイプ。ウィジェットですばやく情報をチェックしよう

☆ここがポイント
 iPhoneでできることはたくさんありますが、画面の小ささや、液晶といくつかのボタンだけのシンプルな構造ゆえに、参照したい情報がすぐに見られないと思われているふしがあります。画面を何回もスクロールしてアプリを探してタップ。やっと起動してから情報を見るなんていうことがよくありませんか?
 これを実際にやるとアプリを起動するまでに1分ぐらいかかってしまい、起動した頃には何をやろうとしていたかわからなくなっていたとか、たまにありませんか?
 こんなときに便利なのがウィジェット。ホーム画面を右にスワイプすると出てくる、アプリの出張所みたいなものです。情報を見るだけなら、ここにアプリを設定しておけばOK。
 で、ここをタップすれば起動も出来ます。
 たとえば、カレンダーアプリも予定を見るだけならここで充分です。また時間経過に従って、赤い横線が動いていきます。
 そのほか、たとえばEvernoteのアプリには、下部に4つのボタンが並んでおり、左端のアイコンをタップするとすぐに新規メモを作れます。同じ事をアプリの画面からやろうとすると、アプリを探す→タップ→新規メモ作成のアイコンをタップ と、かなり手間がかかります。
 
☆やってみよう
 まずご自身のiPhoneで、ホーム画面を右にスワイプしてみましょう。ここででてくるのがウィジェットです。とくに便利なのは、Yahoo乗換案内ですね。最寄り駅からの次の電車がいつ発車するのか、それまで残り何分あるのかがすぐにわかります。これはアプリ起動なしですぐに確認できるのは、とても便利です。
 また、ウィジェットに表示されているアプリは設定できます。
ホーム画面から右にスワイプして、表示させてから、一番下までスクロールすると「編集」のボタンがあります。ここで、表示させるアプリを設定できます。

☆iPhoneのポテンシャルを最大に引きだそう
 このようにiPhoneには、その画面の小ささやボタンの少なさを補うための仕組みがいろいろ用意されています。
 また、ウィジェットは、iPhoneX以降の機種、iPhone8までの機種でも同じように使えます(iOS13以降で確認)。
 もしまだウィジェットの便利さに気がついていないのならば、是非使ってみましょう。

☆参考書籍
『凄いiPhone手帳術』(えい出版社)
https://shopping.yahoo.co.jp/search?rkf=2&p=%E5%87%84%E3%81%84iphone%E6%89%8B%E5%B8%B3%E8%A1%93&uIv=on&first=1&ei=utf-8&seller=1&stp=1&sc_e=sydr_sprotst_uia_list_ttl_10002_statnew&__ysp=5YeE44GEaVBob25l5omL5biz6KGT

…続きを読む

専門マスターの新着作品

すべて見る

こちらのクリエイターもおすすめ

すべて見る

タグから探す

すべて見る