専門マスター

【iPhone手帳術】1操作ずつ解説!標準メモアプリのフォルダにフォルダ名をつけてメモを整理しよう

舘神龍彦

手帳評論家・デジアナリスト・歌手

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

☆ここがポイント
 拙著『凄いiPhone手帳術』では、標準メモアプリの活用方法について多めにページを割いています。それは、3Dタッチによるメモのすばやい起動や、それをコントロールセンターからやること、また書類のスキャンにりようすることなどです。
 そしてそうやって作成したメモは、保存もまた重要です。
 必要に応じていつでも見つけられるようにすることで、それらの情報がよりよく活用できるようになります。
 そのためには、まず一つ一つのメモにできるだけタイトルをつけておくこと。そしてフォルダを複数作成し、それぞれに名前をつけておくことです。

☆やってみよう
 まずメモアプリを開きます。次に、画面右下の「新規フォルダ」をタップします。すると新規フォルダが出来ます。ここでフォルダ名を入力します。次に既存の各種メモを移動します。この動画では、「写真メモ」という名前にして、写真がついたメモの保存先としています。そしてこれ以外にもいろいろなメモフォルダの名前が考えられます。
 私の場合は、「時刻表」とか「写真メモ」などのフォルダがありますが、ほかにも「お店(レストラン)」とか「建物」など、好みや趣味に合わせてフォルダ名を設定しておくと便利です。
 また、ここで設定したフォルダ名は、iCloudにも反映されています。
 iCloudは、Macのほか、Windowsでも利用できます。それは『凄いiPhone手帳術』にも書いたのですが、別途動画でも紹介できればと考えています。

☆参考書籍
『凄いiPhone手帳術』(えい出版社)
https://shopping.yahoo.co.jp/search?rkf=2&p=%E5%87%84%E3%81%84iphone%E6%89%8B%E5%B8%B3%E8%A1%93&uIv=on&first=1&ei=utf-8&seller=1&stp=1&sc_e=sydr_sprotst_uia_list_ttl_10002_statnew&__ysp=5YeE44GEaVBob25l5omL5biz6KGT

…続きを読む

専門マスターの新着作品

すべて見る

こちらのクリエイターもおすすめ

すべて見る

タグから探す

すべて見る