専門マスター

  • いいね

【iPhone手帳術】ユーザーならば必ずマスターしよう!使いこなせばアクションアイコンが激便利

舘神龍彦

手帳評論家・デジアナリスト・歌手

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

☆ここがポイント
 画面のサイズに制約があり、キーボードもないiPhoneでは、アプリからアプリへのデータの受け渡しの方法がやや特殊です。普通に範囲指定してコピーペースト(コピペ)してもいいのですが、もっとカンタンな方法があります。それがアクションアイコンの活用です。この動画でも、今までいろいろなiPhone手帳術を紹介しています。そしてアクションアイコンの活用は、アプリのインストールも不要で、もっとも簡単でしかも効率もアップするやり方です。もしこの方法を知らなければ、今からでも是非やってみてください。
 一度でもやってみればとても便利です。また、アプリによって、アクションアイコンの機能に違いがあります。
 基本は、あるアプリのデータを他のアプリや他の機器に受け渡しすることです。
 この辺は実際にいろいろやってみて感覚をつかんでみてください。

☆やってみよう
 まず最初の例は、AirDropです。データを送る例としてはもっとも便利ですよね。iOSの機器(iPhone、iPad)やMacとの間で簡単に写真などを送ることができます。
 
 次は乗換案内のデータをiOS標準カレンダーに送るやり方です。ここでは、送り先として複数の候補が表示されていますが、カレンダーに送ります。
 そして写真をリマインダーに送る方法。これも、複数の候補から送り先をリマインダーに指定する必要があります。
また、これは写真だけではありません。さらに送るデータの種類によって、送られる側のアプリも自動的に選択されます。たとえばメモを送れば、相手側のメモが起動します。Safariで特定のWebページを送ろうとすれば、相手のiPhoneでもSafariが起動します。
 これもいろいろやってみましょう。
 また、アプリによっては、タップ直後に出る画面は上にスワイプすることで、より多くの選択肢が出てきます。AirDropやメッセージやメール、各種SNSなどです。
 要するに、送り先としては色々あるわけですが、意識していないとそれが見えないわけです。これも実際にやってみて実感してみてください。
 拙著『凄いiPhone手帳術』では、これ以外にもウィジェットやコントロールセンターなどのUIの使い方を紹介しています。

☆参考書籍
『凄いiPhone手帳術』(えい出版社)
https://shopping.yahoo.co.jp/search?rkf=2&p=%E5%87%84%E3%81%84iphone%E6%89%8B%E5%B8%B3%E8%A1%93&uIv=on&first=1&ei=utf-8&seller=1&stp=1&sc_e=sydr_sprotst_uia_list_ttl_10002_statnew&__ysp=5YeE44GEaVBob25l5omL5biz6KGT

シェア

いいね

コンテンツへの感想