専門マスター

【ボールペン】OKB総選挙でも大人気!ストレスフリー「ブレン」の3色型「ブレン3C」をチェック!

舘神龍彦

手帳評論家・デジアナリスト・歌手

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

☆ここがポイント
 この動画でも以前お伝えした、ゼブラのぶれないボールペン「ブレン」。そしてこのブレンのマルチペンタイプが2020年3月に新登場。それが「ブレン3C」。
 ブレンのフォルムはそのままに、マルチペン化を実現しています。
 驚くべき事にボディの直径はほとんど変化なし。またノック部も独自の工夫がなされています。

☆見てみよう
 まずボディですが、長さ、太さとも単色のブレンと大きな差がありません。
 またそのプロポーションも単色タイプのブレンから継承されています。
すなわち、先端部は丸く、手のひらに当たる後端部分に行くに従って楕円になっているフォルムがそれです。また、クリップ部の形状もほぼ同じ。違うのは、単色タイプがクリップ部がノックを兼ねているのに対し、3Cでは、独自形状のノック部になっていることです。とくに使用頻度の高い黒については大きめでスライドしやすい形状になっており、ここにbLenのロゴが配置されています。
 先端部で特徴的なのは、金属パーツでしょう。元々単色タイプのブレンでは、先端部に金属のおもりパーツを内蔵させることで、重心を前にして、ブレのない書き味を実現していました。ブレン3Cでは、これを外側に出しています。
 また、青、赤、黒それぞれのリフィルは専用のものが新たに用意されました。単色タイプのブレンのリフィルとは互換性がないので注意しましょう。
 このように、3色ボールペンのブレンは、単色のブレンとも、ゼブラの他のマルチペンとも異なる個性を持っています。最も驚くべきは、単色タイプと遜色のないボディの細さでしょうか。
 2018年12月に発売されたブレンは、初年度500万本という大ヒットを記録しました。
 その良さはそのままに、マルチペンとなったブレン3C。税抜き価格は400円。
 ボディの色バリエーションは5色です。
 多色で細いマルチペンは、ペンケースの省スペースにも役立ちます。ましてや、ブレンの書き味。これは注目ですね。

☆公式ページ
https://www.zebra.co.jp/pro/blen/

…続きを読む