専門マスター

【ノート】人気のリングノートが進化!ページの抜き差し自在なロルバーンフレキシブルをチェック

舘神龍彦

手帳評論家・デジアナリスト・歌手

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

☆ここがポイント
 人気のリングノート「ロルバーン」が進化しました。その名も「ロルバーンフレキシブル」は、ページが着脱可能な、バインダー手帳的なアイテム。
 通常のノートページに加えて、十字の罫線が特徴的な「リフィル 4分割」やポケットリフィル、それにネオンカラーでスリムなToDoリフィルなど、アクセサリーも充実しています。
 今回紹介している「ロルバーンフレキシブルL」(L 2300円+TAX)では、方眼のリフィルに加えて、ポケットリフィル1つが付属しています。
 またオプションとしては、動画中に紹介した「リフィルToDo L」や、横罫、方眼、ToDo、ミーティング、四分割の各リフィルがあります。
 通常のロルバーンL用の各種アクセサリも利用できます。
 さらに、外したページをストックするためのストックファイルも用意されています。
 サイズも今回紹介したL以外に、A5サイズもあります。
 詳しくは以下の公式サイトでご確認ください。

☆見てみよう
 まずそのサイズ感です。ロルバーンは、他の手帳とはやや異なり独自のプロポーションです。今回取り上げたロルバーンフレキシブルLは、A5よりもやや天地が詰まったコンパクトなサイズです。リング綴じなので180度開き、記入面をフル活用して記入できます。
 ページを外すのには、あまり力を入れず、端の部分をもって上に持ち上げるだけでオーケー。元に戻すのには、ページの切り欠きをリングの上にのせて上から指ではめていくだけです。
 そして専用のToDoリフィルです。これはあえて縦長のプロポーションで、かつセットしたときに頭の部分が少しだけはみ出るようになっています。つまり見つけやすいわけで、こういう工夫をバインダータイプの手帳でやっているのは実は珍しいかもしれません。
 ページの入れ替えができるメリットは、使ってみると実感できます。使い方のポイントは、1枚の裏表に一つの情報をまとめることです。
 するとページを入れ替えても情報はそのままです。また、不要なページや書き損じたページは、普通のノートだと残ったままです。そのページをめくるたびに自分の過去の失敗を見せつけられるようで恥ずかしい感じがしますが、このロルバーンフレキシブルならば、書き損じたページは外してしまえば大丈夫。
 このように気負いなく使えて、情報の整理に役立つのがこのロルバーンフレキシブルなのです。

☆公式サイト
https://rollbahn.jp/flexible/

☆Yahoo!ショッピング
https://shopping.yahoo.co.jp/product/j/4516085307348/compare.html?sc_i=shp_pc_search_itemlist_shsrg_products

…続きを読む