専門マスター

【手帳】予定と実績、会社と個人などの2項目を1ページに書き分け可能!「ジブン手帳DAYs mini」

舘神龍彦

手帳評論家・デジアナリスト・歌手

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

【手帳】ジブン手帳から1日1ページタイプ新登場!新機能も盛り込んだその名も「ジブン手帳DAYs mini」!

☆ここがポイント
 「ほぼ日手帳(オリジナル)」の登場で一気に市場に定着した1日1ページタイプの手帳。そして、満を持してというべきか、あのジブン手帳から新しくこのタイプが登場しました。その名も「ジブン手帳DAYs mini」。単なる月間ブロック+1日ページというだけではありません。
 その最大の特徴は、1日ページの記入面を左右に分割したスタイルです。
 考案者の佐久間英彰氏から直接うかがったところによれば、時間軸の左右の使い分けとして、予定と実績とか、自分と家族などの用途を想定しているとのこと。
 フォーマットが作り込まれながらも、汎用性や広い応用を考えているところは、やはりジブン手帳のお家芸というところでしょうか。
 また、そもそも個人的な生活スタイルの変化も反映しており、予定管理というよりは記録を意識しているそうです。

☆見てみよう
 まず月間ブロック部分は、6段構成で1日も月末の日も同じ大きさになっています。またジブン手帳伝統の方眼パターンで、細かな項目の記録にも対応できます。
 欄外は左側がタスクリスト。下部には、ガントチャートが配置されています。本来の用途である進行管理用にも使えますが、ハビットトラッカーとしても利用できます。
 単に月予定とハビットトラッカーの両方があるのではなく、その2つを同じ面で確認できるのが大きなポイントですね。
 この構成は、従来の月+週のジブン手帳Lite miniの踏襲と言えます。
 そして1日ページ部分です。ここがこの手帳の工夫のポイントがこれでもかと盛り込まれています。まず中央のT字タイムライン。この左右で個人と会社とか、自分と家族、予定と実績などの各種用途にかき分けられるわけです。
 また、T字タイムラインをよく見ると、横方向に日付があるのがわかります。つまり、その日がその前後の日に挟まれています。これで今日が週、月のどの辺なのかがわかるのです。さらに、前後の日付から引き出し線をつけて予定を書いておけば、そこまであと何日かがわかるなど、それまでの同種の手帳にはない使い方ができます。
 これは、1日一ページ手帳の課題である、その日が週のどの辺がわかる工夫です。
 同時に、先のスケジュールについて、このライン上に明記しておき、その間の時間の使い方を計画したり、残り日数の目安を把握するなどの使い方ができます。
 さらに、ページの右下には2ヶ月分のカレンダーがあり、ここに、その見開きの2日がその月のどこなのかがわかるように○印がしてあります。これも、その日が前後の日との関係でわかるようになっているわけです。
 また、巻頭にはフリーリストがあります。さらに「ジブン手帳DAYs mini」の新しいコンテンツとして、その月のやることのリスト、やらないことのリストや、会った人の記入欄など、1日タイプならではの記入欄が用意されています。その月の目標や、会った人なども記録する欄があります。この月初のページには、予定や目標と、ログの両方の機能が1つの面に配置されているわけです。
 今までの1日1ページタイプの手帳は、どう使うかをユーザーに委ねてきたところがありますが、「ジブン手帳DAYs mini」は、いろいろな積極的な提案を盛り込んでいます。また、先行する他社のプロダクトをよく研究したあとが見えます。

 肝心の紙ですが、あらたにコクヨオリジナルの「THIN PAPER」を採用。従来のトモエリバーと比較して、消せるタイプのボールペンを利用しても波打ちにくいというアドバンテージがあります。

 この「ジブン手帳DAYs mini」によって、ジブン手帳は、手帳ブランドとしてのラインナップをより強固なものにしたといえるでしょう。

公式ページ https://www.kokuyo-st.co.jp/stationery/jibun_techo/
ジブン手帳DAYs mini
サイズ:B6スリム(高さ190mm×幅120mm)
色バリエーション:ブルー、グレー、レッド、イエロー
価格:各3200円+TAX

■参考情報/Yahoo!ショッピング
『最新トレンドから導く手帳テクニック100』

https://shopping.yahoo.co.jp/products/z8sop3djnc?sc_i=shp_pc_search_itemlist_shsrg_products

…続きを読む

専門マスターの新着作品

すべて見る

こちらのクリエイターもおすすめ

すべて見る

タグから探す

すべて見る