専門マスター

【ノート】ふだんはA5広げてA4!小さいのに大きな記入面を持つ驚異の二つ折りルーズリーフ。コンパック

舘神龍彦

手帳評論家・デジアナリスト・歌手

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

【ノート】ふだんはA5広げてA4!小さいのに大きな驚異の二つ折りルーズリーフ。コンパック

☆ここがポイント
 アナログなノートのメリットの一つは、記入面のサイズです。タブレットでスタイラスを用いて絵や図を書く場合、その面積は、どうしてもハードウェアの液晶ディスプレイのサイズに依存してしまいます。
 紙の場合は、比較的自由です。大きな記入面のノートが多数あります。なによりタブレットより安価です。
 また筆記具の選択の幅は事実上無限です。シャープペンシル、ボールペン、万年筆から、画材の筆まであります。
 ただし、この2点のメリットをしても、克服できないポイントがあります。それがサイズの絶対的な大きさです。A4の記入用紙を折りたたんで運ぶことは難しくありませんが、クリアフォルダーなどに入れる必要がありました。あるいは、二つ折りのフォルダーも市販されていますが、ノートとしての転用をユーザーが意識する必要がありました。
 コンパックは、この点を解決したノートです。すなわち、二つ折りの構造と、ルーズリーフの採用です。前者によって記入面のおよそ半分のサイズの本体を実現しています。また後者で記入する用紙を簡単に補充できるようになっています。
 ルーズリーフは専用です。それは上述の構造に理由があるようです。

☆見てみよう
 まず本体は、ふだんは二つ折りになっています。ロゴが水平になる状態だと、上部にリングが位置しています。開くと保護シートの内側に大きなA4の記入面があらわれます。さらに開くと、A3の面が出現します。今回取り上げたものは、横罫のルーズリーフが標準になっていますが、もし無地のものがあれば、それにプリントした資料なども挟むような使い方もできるでしょう(罫線の幅を意識したフォーマットをパソコンで作る事はできますが、やや知識が求められます)。
 またリング部は、折りたたんだ状態では上部にあります。リング同士がうまく互い違いになるようにできており、かさばらないようになっています。
 さらにペンホルダーも用意されています。マルチペンを意識してかなり太いものでもセットできるようになっています。またセットした状態では、外に逃がしてから表紙を閉じるようにします。
 動画を見てわかるのが、専用ルーズリーフの穴の形状です。長円が斜めに配置された独自のスタイルですが、これは折りたたみの構造に由来するもののようです。つまりノートを折りたたむとき、リングに保持されたリーフが動きます。穴の形状は、この動きに合わせた形であるので、リーフ本体が痛まないわけです。
 本体サイズ自体は、ほぼA5で、わずかにリング部が気になる程度ですが、記入面の大きなものがカバンにすっぽり入るのは便利ですね。
 ルーズリーフは専用です。これはキングジムから別売されています。
 サイズバリエーションは、A5、B5、A4の3種類。
 色バリエーションは、
 透明:ピンク、オレンジ、キイロ、ミドリ、スモークブルー、ミズイロ、ネイビー、トウメイ
 不透明:クロ、シロ
 となっています。
価格は各サイズとも以下です。
A5二つ折り 480円 +TAX
B5二つ折り 500円 +TAX
A4二つ折り 650円 +TAX

公式サイト キングジム 「二つ折りリングノート コンパックノート」
https://www.kingjim.co.jp/products/brand/compacknote_.html

■参考情報/Yahoo!ショッピング
二つ折りリングノート コンパックノート(透明) A4二つ折り スモークブルー 9956TYスル
https://shopping.yahoo.co.jp/products/z4gm70fu7o?sc_i=shp_pc_search_itemlist_shsrg_products

…続きを読む

専門マスターの新着作品

すべて見る

こちらのクリエイターもおすすめ

すべて見る

タグから探す

すべて見る