専門マスター

【iPhone手帳術】カメラロールの写真をパソコンにコピー!Dropboxの機能を活用しよう

舘神龍彦

手帳評論家・デジアナリスト・歌手

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

【iPhone手帳術】カメラロールの写真をパソコンにコピー!カメラアップロード機能を活用しよう

☆ここがポイント
 iPhoneでとった写真、どうしてますか?
 もしカメラロールに眠ったままになっていたとしたらとてももったいない。できればパソコンに送ってSNSにまとめてアップしたり、場合によってはプリンターで印刷したりできれば楽しいですよね。
 そこで活用したいのがDropboxです。Dropboxはクラウドストレージサービスの一つです。とくにWindowsパソコンを使っている場合は、Dropboxのフォルダをほかのフォルダと同様に扱えるのがとても便利です。
 原理を解説しておくと、DropboxをインストールしたiPhoneで「カメラアップロード」を設定するとクラウド上のDropboxにアップされます。そして、パソコンのDropboxフォルダをみれば、そこにはiPhoneからアップされた写真が見られるわけです。動画のタイトルとしてはわかりやすく「コピー」と書きましたが、厳密には、クラウド上にiPhoneからアップした写真を、やはりクラウドにアクセスしたパソコンから見ているというわけです。
 やりかたも簡単で、設定した次の瞬間からパソコンで、iPhoneのカメラロールの写真が利用できるようになります。一度体験したら元には戻れないほど快適です。
 また、iPhone本体の残り容量も気にしなくてよくなります。アップした写真は、iPhoneから削除すれば問題ありません。
 写真や動画は自動的にDropboxのカメラアップロードというフォルダにアップされます。

☆やってみよう
 まずiPhone、パソコンのそれぞれでDropboxのソフト/アプリをダウンロードしておきます。次にそれぞれに同じアカウントでログインします。そしてiPhoneアプリ側の「アカウント」の画面で、カメラアップロードをオンにします。さらに、動画や携帯ネットワークの利用の有無などを設定します。また、HEIC形式の写真はJPEG保存にしておきましょう。 これで準備完了です。あとは、iPhoneで写真をとるだけ。
 撮影が終わったら、Dropboxアプリを起動して、画面下の「写真」をタップしましょう。すると、撮影した写真がどんどんDropboxにアップされていきます。そしてパソコン側のDropboxを開けば、これらの写真が参照・編集できます。
 同じ事は、iCloudでもできます。そしてDropboxなら、パソコンの普通のフォルダと同じように扱えるというメリットがあります。
 じつは私のYahooJapanクリエイターズプログラムの動画も、ほとんどこの方法で、Dropboxにアップロードしパソコンで編集して作っています。
 Dropboxユーザーでまだ使っていない人は是非。そうでない人はまずDropboxのアカウントをとってやってみましょう。とてもらくですよ。

○Dropbox公式
https://www.dropbox.com/

○Dropbox アプリ
https://apps.apple.com/jp/app/dropbox-%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%97-%E5%90%8C%E6%9C%9F-%E5%85%B1%E6%9C%89/id327630330

■参考情報/Yahoo!ショッピング
「凄いiPhone手帳術」(えい出版社)
https://shopping.yahoo.co.jp/products/z8sop3dokv?sc_i=shp_pc_search_itemlist_shsrg_products

…続きを読む