専門マスター

【iPhone手帳術】位置情報でタスクがポップアップ!iPhoneのリマインダーを活用しよう

舘神龍彦

手帳評論家・デジアナリスト・歌手

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

【iPhone手帳術】位置を設定しておけば、その場所にさしかかるとタスクを表示してくれる!リマインダーを使いこなそう

☆ここがポイント
 手帳やiPhoneの機能の一つは、仕事や個人的なやるべき事の管理であり、それを思い出させてくれることです。そしてiPhoneのリマインダーを使うと、場所をきっかけとしてタスクを画面に表示させてくれます。Apple Watchを併用していれば、文字盤に表示され振動も伝えてきます。
 タスクのリマインドの方法としてオーソドックスなのは、時間です。アラームを設定すれば、その時間に音や振動、光で教えてくれます。この方法は、ガラケーの時代からなじみがあり、理解しやすい物です。反面、そこから行動をおこすことになります。
 iPhoneのリマインダーは時間での設定もできますが、なんといっても場所をトリガー(きっかけ)にして

☆やってみよう
 まずリマインダーをタップしてタスクを入力。次に「i」のアイコンをタップして、表示される「場所」のスライダーをオンにします。そして場所を入力します。これは正確な住所が一番いいですが、大きな商業施設や駅名などでも大丈夫です。入力が完了すると、iPhoneが認識して、画面の下に地図が表示されます。そこで画面左上の「詳細」をタップして戻り、「完了」をタップして準備完了です。
 リマインダーは起動状態でなくても大丈夫です。またiPhone本体も電源さえ入っていれば、問題ありません。
 この状態で設定した場所に移動すると、その途中でiPhoneがスリープ状態から目覚め、画面に、リマインダーに設定したタスクが表示されます。
 これは一度使ったら手放せない機能です。iPhoneを使っているのなら、必ず知っておきたい機能の一つでもあります。
 リマインダーには、これ以外にもタスクの分割や優先順位など色々な機能があります。これらも機会を改めて紹介できればと思います。

■参考書籍

 『凄いiPhone手帳術』(えい出版社)

…続きを読む

専門マスターの新着作品

すべて見る

こちらのクリエイターもおすすめ

すべて見る

タグから探す

すべて見る