専門マスター

【システム手帳】リフィルも多彩で各社参入の最後にやってきた小さな巨人M5!PLOTTERをセットする

舘神龍彦

手帳評論家・デジアナリスト・歌手

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

【システム手帳】各社参入でリフィルも多彩の小さな巨人M5!PLOTTERのバインダーをセットしてみる
☆ここがポイント
 私の動画でも何回も取り上げてきたシステム手帳。最近、文具好きからの熱い視線を集めているジャンルです。そして今回取り上げるのは、通称M5。システム手帳の事実上の最小サイズである5穴タイプのバインダーです。各社からこのタイプのバインダーやリフィルが登場していますが、デザインフィルのPLOTTERブランドのバインダーです。
 一枚革+バックプレート+リングというシンプルな構成です。
 これにペンホルダーや2種のメモ用紙などを追加して、小型メモセットを完成させます。念のために付け加えておくと、最近は各社が参入しており、このサイズのスケジュール用リフィルもあります。ただ、絶対的な面積としていえば決して大きくありません。それゆえ、

☆見てみよう
 まずはバインダー。これは上述したようにPLOTTERブランドのものです。
これは銀座・伊東屋のシステム手帳のイベント時にコーナープレートのオプションを依頼したものです。
 そして同じくPLOTTERブランドの版ドリフターを一番下にセット。さらに一番上にあたる部分にバンド付きのリフターをセットします。PLOTTERのバインダーは、1枚革でできており、そのままでは開き癖がついているので、バンド付きリフターを利用します。
 そして

 さらにメモ用のリフィルをセットします。
 まず、M5のメモリフィル(山本紙業)。これはバンクペーパーと呼ばれる、銀行のために開発された紙でできています。また、天糊加工がなされており、記入したページを天糊からははがすことで(でもバインダーにはセットしたまま)、記入できるページがすぐにわかるというメリットがあります。
 次にBindex(日本能率協会マネジメントセンター)の3mm方眼メモです。また3mm方眼なので、文字も図も書きやすいという特徴があります。こちらは、同社の能率手帳ゴールドにならって、小口が金色に加工されており高級感もあり、角丸のコーナーがかわいい感じです。
 そしてペンです。本体がスリムで、短めのボールペンとして、「バーディー BS-40S」(パイロット)をチョイスしました。軸が大きなものでもいいのですが、本体サイズにぴったりして、邪魔にならず、記入面にあったサイズ感なので、自然と小さな面にフィットした体制で書けるメリットがあります。
 これでPLOTTER M5のメモシステムの完成です。本体が小さいので気軽にポケットなどに入れて利用できます。また、記入したリフィルは、バイブルサイズやA5、ミニ6のバインダーにもそのまま綴じることができます。これは穴のピッチが同じだからですね。
 流行のアイテムM5は、予定管理用の手帳としては、サイズの小ささや予定管理用リフィルの種類の少なさが気になるかもしれません。ですが、メモ用と割り切れば、かなり使い勝手のいいアイテムだと思います。

☆PLOTTER公式サイト
https://www.plotter-japan.com/products/leatherbinder/shrink
5穴リングレザーバインダー ブライドル ミニ5穴サイズ \8,250(税込)

各種リフィル
・方眼メモ
Bindex マイクロゴールド「方眼メモ」No.M-904 900円+TAX

・無地メモ
「M5リフィル(天のり)」 山本紙業 400円+TAX

・ペンホルダー
PLOTTER Penholder with Lifter No011 1100円+TAX

・バンド付きリフター
PLOTTER Band with Lifter No012  1100円+TAX

・ボールペン
パイロットバーディー BS-40S 400円+TAX

…続きを読む

専門マスターの新着作品

すべて見る

こちらのクリエイターもおすすめ

すべて見る

タグから探す

すべて見る