専門マスター

【インデックス】手帳の下ごしらえに。カバーからはみ出ないミニサイズ「チラットINDEX」を使ってみた

舘神龍彦

手帳評論家・デジアナリスト・歌手

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

【インデックス】控えめサイズでカバーからはみ出さない!「チラットINDEX」(ミドリ)を使ってみた

☆ここがポイント
 手帳というアナログのツールにおいて、検索性を高めるための方法はインデックスの利用です。栞紐やブックダーツなどを使う手もあります。今回は小型でカバーからはみ出すことがなく、着脱も簡単な「チラットINDEX」(ミドリ)使ってみます。

☆使ってみよう
 チラットINDEXには、大きく分けて2種類の製品があります。
 ひとつは、半透明のシールタイプ。もう一つは、金属製のクリップタイプです。
 シールタイプの特徴は、ふせんのように貼って剥がすことができる点、またサイズが小さく(インデックスの横幅は2.5mm)、手帳のカバーからはみ出さないのでとてもスマートです。また樹脂性で通年での使用にも劣化しにくいメリットがあります。これは、数字入り(1~12)と無印のものがあります。
 もう一つは、金属製のタイプ「チラットINDEX CLIPS」。表面に色も文言もないかわりに着脱が簡単です。金属製なので長年の使用に耐えます。さらにノリを使っていないために、再使用や移動が簡単です。
・使い方のポイント
 今回2021年版の手帳(NOLTYエクリB6-7)に使ったのは、数字入りのタイプ。月間ブロックページにつけてみました。
 使い方のポイントとしては、数字と開く月を対照させることです。たとえば「1」のインデックスを1月の見開きにつけた場合、2月のページが開くことになります。これをさけるためには、12月の見開きの右上に貼ります。こうすると、「1」に指をかけて開くと1月が開くことになります。
 もうひとつのポイントは、数字がはっきり見えるようにインデックス同士の重なりを計算して貼ることです。動画中ではB6の手帳が登場しますが、天地方向の長さに制約があるため、ここは工夫が必要でした。これがA5ぐらいのサイズならばあまり意識しなくてもいいかもしれません。あるいは、小さなタイプを使えばこの問題は発生しないでしょう。

チラットINDEX 82320 240円+TAX ※動画中のメインのモデル
チラットINDEX 82469 240円+TAX
チラットINDEX 82470 240円+TAX
チラットINDEX CLOPS 43229-006(シルバー) 480円+TAX
チラットINDEX CLOPS 43230-006(オレンジ) 480円+TAX

…続きを読む