タイトル画像

モノ/ガジェット

  • いいね

半年遅れでMacBook Air(M1)を買った理由と、使ってみた本当のところ

てんび〜/加藤瑞貴

「楽しい」を「好き」へと変える大学生ブロガー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

2020年秋に発売された、Apple M1チップを搭載したMacBook Air。

同年夏にIntelチップ搭載を搭載した最終モデルを購入していたため購入を見送っていたのですが、色々と考えた結果乗り換えた方が良さそうだと判断して、つい購入してしまいました。

「Appleシリコン(M1)が不安」という発表当時の懸念から1年経たずにM1チップ搭載のMacBook Airに乗り換えてしまったのには、いくつか理由があるのです。

各アプリのM1チップへの対応が早かった

乗り換えの大きな決め手になったのはやはりM1チップへの対応具合でしょう。

Intelチップ搭載のモデルを購入した理由として「普段使っているソフトがいつM1に対応するか分からない」というものがあったのですが、実際には予想以上に対応が早く、2020年12月に対応してしまいました。

Google ChromeやReeder、Todoistといった僕が普段よく使っているアプリのほとんどがM1チップに対応したことで、IntelモデルからM1モデルに買い替えてもパフォーマンスが大幅に落ちることはないだろうなと思えるようになったのが大きいですね。

M1チップの環境を楽しみたい

また、メイン環境を2020年にWindowsに移行していたことで、無理にIntelチップのMacに固執しなくて良くなったことも大きいです。ある程度Windowsにも慣れたので、これまで慣れ親しんでいたIntelチップMacの環境を残しておかなくても良くなったんですよね。

さすがに2020年当時は、M1 Macをメイン環境として運用するにはハードルが高かったですが、普段使う頻度の少ないサブ環境であればバグが修正されて進化していく過程まで楽しめるもの。

そういうわけで、これまで使っていたIntelチップ搭載Macを売却する形で、M1 MacBook Airに乗り換えてしまいました。

M1チップ搭載のMacはIntelチップ搭載Macと比較してかなりパフォーマンスが高いという話を聞いていたので、今回は下位モデルをベースに購入しました。購入したスペックはこんな感じで、キーボードだけUSキーボードにしています。

・Apple M1チップ(8コアCPU、7コアGPU)

・8GBメモリ

・256GB SSDストレージ

・Retinaディスプレイ

・Magic Keyboard(USキーボード)

・Touch ID

・感圧タッチトラックパッド

・Thunderbolt / USB 4ポート x 2

実際に使ってみた本当のところ

実際に買って2ヶ月くらい使ってみて、こんな感じの感想を持ちました。

  • どんな動きもサクサクできる
  • バッテリー持ちはすごく良い
  • アプリ対応も問題なし
  • ただし絶賛するほどではない

どんな動きもサクサクできる

僕はMacBook Airをラフに使えるラップトップとして購入しましたが、僕がMacでやりたい作業のすべてがサクサクで快適に動きます。

これまでIntelモデルのMacBook Airを使っていたときは動画編集・写真処理に時間がかかったりしていたのですが、M1モデルではこれらを並行して行ってもカクつくことはありません。

僕がこれまで使っていたIntelモデルのMacBook AirはCPUを最上位にカスタム、メモリも16GBにカスタムしていたのですが、それよりもノンカスタムなM1モデルの方が快適なんですよ。

こうしたパフォーマンスの高さは事前にチェックしていたベンチマークテストのスコアから分かっていたことではありますが、自分で使うと「これはとんでもないマシンだな」と感じます。

バッテリー持ちはすごく良い

あくまで「ラフに使うマシン」という観点でM1モデルを見ると、Intelモデルより明らかにバッテリーの持ちが良くなっています。

数時間の使用でバッテリーが半分くらいになっていたのがIntelモデルだとすると、数時間経っても数%しか消費しないのがM1モデルという感じ。

もっと分かりやすく言ってしまうと、これまでは外に持ち出すときのバッテリー残量が50%ほどだと不安になっていたのが、M1モデルでは全く不安にならなくなりました。

バッテリー持ちが良くなった功罪は、ついつい充電を忘れてしまって使いたいときに残量が10%くらいになっていることでしょうか。充電を忘れるほどの持ちの良さは、2012年からMacBookを使い続けている身からすると感動ものです。

アプリ対応も問題なし

M1チップが搭載された当初あれだけ懸念していたアプリのM1対応も、発売から半年以上経った今はかなり進んでいます。ZoomやGoogle Chrome、Todoistといった僕が使う機会の多いアプリはほとんどが対応済み。

まだ対応していない一部のアプリに関しても、Rosetta 2(Intel互換のためのアーキテクチャ)を使用することでM1ネイティブのアプリと遜色ない使い心地が確保されていて、使っていて「これはRosetta 2経由で起動しているな」と感じることはありません。

ただし絶賛するほどではない

ただし、ここまでのM1 MacBook Airに対する褒めポイントは、あくまでも「サブマシン」としての評価であって、メインマシンとして使うことまで総合的に考えると手放しに絶賛するのは難しいでしょう。

例えばM1チップが優れているのはシングルコア性能であって、数で殴るマルチコアCPUを使っている人からすると決して「メインに出来るスペック」ではありません。GPUもM1チップに搭載された統合タイプなので、動画の書き出しなどで使われるハードウェアエンコーディングとは比較にならないくらいの差が出ます。

また3DグラフィックやCADなど特殊な用途に対応したアプリは全てが対応しているわけではなく、場合によっては「買い替えたら使えなくなってしまった」といったこともあるかもしれません。

そういうわけで、あくまでM1モデルはライトユーザーに最適なMacだと言えるでしょう。

まとめ

M1 Macは簡単なタスクの高速化とファンレスによる静音性、軽作業であれば長時間持つバッテリーと、サブマシン的にMacを使う人にとっては「ちょうどいい」マシンで。今Macを買おうとしている人であれば、間違いなくIntelモデルよりおすすめできます。

完全なメイン環境にするにはまだ時間がかかりそうですが、僕にとっては買ってよかったパソコンであることは揺るがないので、性能の高さ含めこれから長い期間愛用していきたいと思っています。

シェア

いいね

コンテンツへの感想