タイトル画像

モノ/ガジェット

  • いいね

閉じればスマホ、開けばタブレット!?サムスンの最新スマホ『Galaxy Z Fold3』が欲しい理由

てんび〜/加藤瑞貴

「楽しい」を「好き」へと変える大学生ブロガー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

先日ドコモ・auから発売が発表されたスマートフォン『Galaxy Z Fold3』と『Galaxy Z Flip3』。どちらも「折り畳める」スマートフォンで、従来のモデルに比べて比較的購入しやすい値段になったこともあり、買ってみようかな?と考えている人も多いと思います。かくいう僕ですが、今年は大きい方の『Galaxy Z Fold3』を買うことに決めました。そういうわけで、今回は僕がGalaxy Z Fold3を買うと決めた理由について紹介していこうと思います。

かくいう僕ですが、今年は大きい方の『Galaxy Z Fold3』を買うことに決めました。そういうわけで、今回は僕がGalaxy Z Fold3を買うと決めた理由について紹介していこうと思います。

【詳しい内容はブログでチェック】

今年は絶対に欲しい。僕がGalaxy Z Fold3を買う理由

Galaxy Z Fold3が欲しい3つの理由

・大画面を気軽に持ち出したいから
・スペック的にも成熟したから
・端末にロマンを感じるから

大画面を気軽に持ち出したいから

Galaxy Z Fold3が欲しい1つ目の理由が「大画面を気軽に持ち出したいから」というもの。

今現在メインのスマートフォンとしてiPhone 13 miniを愛用しているのですが、Lightroom CCを使った写真編集やKindleでの読書など特定の用途で使っている時に「もう少し大きい画面があればいいな」と感じることがあるんですよね。

そういったニーズを満たすためにiPad miniも所有しているのですが、これはこれで本体サイズが大きくて取り回しが少し面倒なんですよね。

特に本体サイズはポケットに入らないレベルなので、散歩程度のお出かけに持ち出すのは少し気が重くなってしまう。実際それで僕も、過去モデルは外に持ち出す機会が減ってしまいました。

----------

反面、Galaxy Z Fold3は折り畳んだ時の大きさが64.8×158.1×14.5mmとコンパクトで、開けば7.6インチのディスプレイが使えるのが魅力的。畳めばポケットに入り、開けばiPad miniって考えるとかなり使い勝手は良さそう。

厚みが少し気になるところですが、物理的にサイズのあるiPad miniと比較すれば持ち歩く時の心理的障壁はかなり下がるんじゃないかなと思っています。

スペック的にも成熟したから

個人的にGalaxy Z Fold3が欲しい2つ目のポイントがスペックの部分です。

今年のGalaxy Z Fold3では、前モデルで改善された120Hz対応・ヒンジの改良といったポイントたちはそのままに、防水・サブディスプレイの120Hz対応・Sペン対応など、より生活していく中で「あったら便利だな」と感じる部分がスペックアップ。

防水にも対応したので、個人的には入浴しながらKindleで読書したり、Twitterできそうというのも惹かれた部分ですね。

ロマンを感じたから

結局、Galaxy Z Fold3が欲しくなった一番の理由は「端末にロマンを感じるから」にほかなりません。

2010年以来いろいろなスマホやタブレットを使ってきましたが、これほど純粋な気持ちで「この端末欲しい!」と思ったのは恐らくiPhone 4を初めて見たとき以来。

Galaxy Z Fold3は折りたためばコンパクトなスマホ、広げれば実質タブレット、その上スペックはその年のスマホの中で最上位レベルと「ぼくのかんがえたさいきょうのスマホ」みたいなもので、かなりロマンを感じてしまうんですよね...。

もちろん価格は高いし完全にメインスマホとして使うにはかなり尖った一台ですが、ここまで欲しいと思ったらもう買うしかないですよね。

-----------

こんな感じで、今回は先日発表されたばかりのスマートフォン『Galaxy Z Fold3』が欲しい理由をまとめてみました。

すでにドコモから発表されているモデルを予約してしまったので、手元に届くのが本当に楽しみです。

シェア

いいね

コンテンツへの感想