モノ/ガジェット

使いこなせるとめちゃ便利!Apple Watchの知っておくと便利な機能3選

てんび〜/加藤瑞貴

「楽しい」を「好き」へと変える大学生ブロガー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

【フォローしていただけるとあなたのスマホに最新動画をお届けします!】

やっと世間でも普及してきたといえるApple Watchですが、まだまだ使いこなし方が分からない...という人も多いのではないでしょうか?
今回の動画では、知っているのと知らないのとでは便利さが格段に違う「知っておきたい機能」を3つ紹介します。

【iPhoneを近くで落とした時は「呼び出し」を使おう】
家の中でうっかりiPhoneを無くしてしまって、どこに置いたか思い出せない経験をした人は多いと思います。そんな時でもApple WatchがiPhoneと接続されていれば、iPhoneからサウンドを再生し場所を把握することが出来ます。

方法はApple Watchの画面を下から上にスワイプして、Wi-Fiマーク隣にあるiPhoneマークを押すだけ。マークを長押しすると、サウンドのほかにフラッシュを発行されることも可能です。

【デジタルクラウンを押さずにSiriを起動しよう】
Apple Watchはデジタルクラウンを長押ししてSiriを起動する方法、「Hey, Siri」と呼びかけてSiriを起動する方法がありますが、設定を変更することで口元にApple Watchを近づけて起動することができます。

Apple Watchの設定アプリ→一般→Siriと進み「手首を上げて話す」をオンにすれば設定は完了。

Siriを使いたい時は手元を口元に近付けながら「明日の天気は?」などと話しかければOKです。ポイントはなるべく画面上部に話しかけること。

【リモートシャッターを活用しよう】
大人数になればなるほどスマホで自撮りをするのは難しくなりますが、Apple Watchがあればリモートでシャッターを切ることが可能です。

Apple Watchのカメラアプリを立ち上げると自動でiPhoneのカメラも起動。Watch側にはiPhoneのカメラに映る被写体がそのまま写っているので、撮影時にWatchのシャッターボタンを押すだけです。
タイマーも用意されているので、これからは自撮りで困る心配もなし!

【まとめ】
Apple Watchはまだまだ発展途上のガジェットですが、使いこなせれば便利な機能は本当にたくさん!上手に使って毎日の生活を便利にしていきましょう。

…続きを読む

モノ/ガジェットの新着作品

すべて見る

こちらのクリエイターもおすすめ

すべて見る

タグから探す

すべて見る