モノ/ガジェット

ライカMマウントレンズをAF対応に!ソニーαシリーズ向けアダプタ『LM-EA7』が便利

てんび〜/加藤瑞貴

「楽しい」を「好き」へと変える大学生ブロガー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

Yahoo!アカウントで「フォロー」していただけると、あなたのスマホアプリ上に最新動画をお届けします!

--------------------

ミラーレス一眼が普及するようになった最近脚光を浴びているのがマウントアダプター。いわゆる「一眼レフ」カメラにあった制約がなくなったことで他マウントのレンズが(ある程度)自由に使えるようになったので、この動画を見ている人の中にもミラーレス機で他マウントのレンズを使っている人がいるかもしれません。

今回紹介している『LM-EA7』というマウントアダプターは、そんな他レンズの使用をグッと楽にしてくれるとても便利なマウントアダプターです。サクッと要点をまとめます。

【ライカMマウントのレンズがオートフォーカス対応になる】
このマウントアダプター、一見すると一般的なマウントアダプターと大差ない外観なので、特に特徴はないように見えます。でも
実はアダプター内部にモーターが搭載されていて、マニュアルフォーカスしか使えないレンズもオートフォーカスが使えるようになるんです。

実際にAFを使ってみると、アダプター内部のモーターによって「アダプター本体」が前後し、物理的にピントを合わせてくれるような仕組み。合焦速度も遅くないので、ストレスを感じずに使うことができます。

【Mマウント以外もAFで使えるようになる!?】
さらにこのアダプターが便利なのが「他マウント→ライカMマウント」のマウントアダプターを別途装着することで、理論上全てのマニュアルフォーカスレンズをAF動作させることができる点。

LM-EA7の破損を防ぐために「アダプターを含めた総重量500g」以内という制限はありますが、CONTAX Planarなど往年の名レンズをオートフォーカスで使えるのはとっても嬉しいですよね。

【瞳AFやリアルタイムトラッキングも使える】
マウントアダプターを装着することでカメラ側からは「オートフォーカスレンズ」と認識されるので、α7シリーズの便利な点である「瞳AF」「リアルタイムトラッキング」もそのまま使用可能。これだけの機能が揃っているので、普段使っていても「MFレンズを使ってるんだ」という感覚はほどんどありません。

【まとめ】
今回紹介したLM-EA7は、ソニーEマウントボディのカメラにMマウントレンズを装着しかつAFで使えるようになるという、いわゆるオールドレンズマニアは必携ともいえる製品。

価格はおおよそ4.5万円前後。ソニーEマウント向けの製品しか用意されていないのが惜しいですが、Eマウントカメラとオールドレンズを使っている人にはぜひオススメしたい製品です。

Yahooショッピングで見る: https://bit.ly/309Tefa

--------------------

この動画を気に入っていただけた方は、ぜひYahoo!アカウントで「フォロー」をお願いします。
Yahoo! JAPANスマートフォンアプリの「フォロー」タブに最新動画をお届けします!

…続きを読む