モノ/ガジェット

  • いいね

今年こそカメラで花火を撮ろう!花火撮影に使えるグッズ3選

てんび〜/加藤瑞貴

「楽しい」を「好き」へと変える大学生ブロガー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

Yahoo!アカウントで「フォロー」していただけると、あなたのスマホアプリ上に最新動画をお届けします!

--------------------

いよいよ花火シーズンも後半戦。長岡花火大会など目玉の花火大会は終わってしまいましたが、今週末も多くの花火大会が開催されます。

そんな花火ですが「せっかく綺麗な花火を見るんだから綺麗な写真で残したい!」と考えている人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、一眼レフ/ミラーレス一眼カメラで花火を綺麗に撮影するために用意しておきたいグッズを3つ紹介。どれもあると非常に便利なので、ぜひチェックしてみてください。

【カメラを固定する三脚】
花火を綺麗に写すには長時間(10〜30秒)シャッターを開ける必要があるため、手ブレを防ぎカメラを固定する三脚はまず必要。コンパクトな三脚でも問題はありませんが、安定性を高めるためには足が太くバランスの取りやすい三脚がおすすめです。

【カメラに触れずにシャッターを切るレリーズ】
せっかく三脚でカメラを固定しても、シャッターボタンを押すときに微妙にブレが発生してしまったらせっかくの写真も台無しです。コードを接続し遠い位置からカメラのシャッターが切れる「レリーズ」を用意しておけば、事前に設定を済ませたカメラに触れることなく花火撮影が可能。

最近ではBluetooth接続などに対応したワイヤレスタイプが登場しているほか、スマホアプリから操作できるカメラも登場しているので、お手持ちのカメラに合わせて最適なレリーズを用意してみてください。

【明るさを抑えて白飛びを防ぐNDフィルター】
上記2つのグッズだけでも十分綺麗に撮影できるのですが、さらに高いレベルを目指す人は「NDフィルター」を持っておくと便利です。レンズに入る光量を減らすことができるので、同じ設定でフィルター無しの時と比較しても白飛びを抑えることが可能です。初めは光量を1/8に抑える「ND8」があれば十分!

【まとめ】
実際に撮影してみた写真も掲載していますが、今回紹介した3つのグッズを使えばかなり綺麗に花火が撮れるようになります。まだ終わらない2019花火シーズンはもちろん、来年の花火撮影に向けて、まずはグッズを揃えてみるところから始めてみませんか?

三脚をYahoo!ショッピングで見る: https://bit.ly/33HRvQ6
レリーズをYahoo!ショッピングで見る: https://bit.ly/2TKTLS1
NDフィルターをYahoo!ショッピングで見る: https://bit.ly/2z9uCau

--------------------

この動画を気に入っていただけた方は、ぜひYahoo!アカウントで「フォロー」をお願いします。
Yahoo! JAPANスマートフォンアプリの「フォロー」タブに最新動画をお届けします!

シェア

いいね

コンテンツへの感想