モノ/ガジェット

  • いいね

USB充電器とモバイルバッテリーが一つになった、Ankerの10000mAhバッテリーをチェック

てんび〜/加藤瑞貴

「楽しい」を「好き」へと変える大学生ブロガー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

Yahoo!アカウントで「フォロー」していただけると、あなたのスマホアプリ上に最新動画をお届けします!

--------------------

スマホ本体のバッテリー大容量化が進み、必要になる機会も減りつつあるモバイルバッテリーですが、一方でUSB充電器はよく持ち歩いている・旅行の時は両方持ち歩いているという人もまだ多いと思います。

僕もその一人で、旅行のときはiPhoneを高速充電できる充電器にモバイルバッテリー、ケーブルと荷物が増えてしまうのが難点でした。

そういった人におすすめしたいのが、Ankerから発売されている『Anker PowerCore III Fusion 10000』というモバイルバッテリー。本体に電源プラグを搭載することで「AC充電器」「モバイルバッテリー」の2役として使うことができ、10000mAhの容量があるので旅行用・お出かけに最適な製品です。

先行して2020年には『Anker PowerCore Fusion 5000』という容量5000mAhのモデルも登場していますが、比較してもサイズはほぼ変わらずコンパクトになっているため、容量の多さを考えると10000mAhモデルの方が使いやすい印象。

USB Type-Cポートを経由した急速充電に対応し、プラグを内蔵したことでコンセントからスマホとバッテリー本体の充電も可能ということで、最近登場したモバイルバッテリーの中ではかなり使い勝手が良い製品になっていますよ。

5000mAhモデルのレビューをブログで見る: https://gadget-touch.info/2020/07/18/anker-powercoreiiifusion5k-review/

--------------------

この動画を気に入っていただけた方は、ぜひYahoo!アカウントで「フォロー」をお願いします。
Yahoo! JAPANスマートフォンアプリの「フォロー」タブに最新動画をお届けします!

シェア

いいね

コンテンツへの感想