タイトル画像

トレンド/カルチャー

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

【埼玉県鳩山町】オーガニック食材にこだわるキッシュとライスコロッケ。軽トラ市から始まった母娘の夢

寺西あゆみ

地味な女子旅&地域ライター(鳩山町・東松山市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

「いい食材はたくさん食べて欲しいと思ってしまって・・・ついつい野菜を詰め込み過ぎてしまうんです」

『鳩山町コミュニティ・マルシェ』のまちおこしカフェの日替わりランチシェフとして、月に2〜3回出店されている『キッチン・コロ和』の山本さんにお話をお伺いしました。

山本さんのランチメニューは、看板メニューのライスコロッケ、2種のキッシュ、ソーセージ、サラダ、スープなど野菜たっぷり!

ライスコロッケとキッシュランチ 1,000円(税込)
ライスコロッケとキッシュランチ 1,000円(税込)

ライスコロッケ。鳩山町コミュニティ・マルシェに出店するようになってから食べやすい小さめサイズに改良
ライスコロッケ。鳩山町コミュニティ・マルシェに出店するようになってから食べやすい小さめサイズに改良

デザートキッシュと野菜のキッシュ
デザートキッシュと野菜のキッシュ

野菜スープ
野菜スープ

最初、量は少なめかな?と思いましたが、いただいてみるとボリュームたっぷりでした。

どれも素材の良さを活かした優しい味で、お子様や、脂っこいものは苦手というかた、ご高齢のかたでも安心して食べられそうです。なかなか十分な野菜を摂るのが難しい忙しい社会人や、ダイエット中のかたにもおすすめ。

「自分が料理上手だとは思っていないので、できるだけいい食材を使おうと思って食材にはかなりこだわっています。無農薬野菜や自家製野菜を中心に使用しています」と山本さん。サラダに使用されていたトマトは、ここ『鳩山コミュニティ・マルシェ』で知り合った鳩山で無農薬野菜に取り組んでいる農家さんのものだそう。「やっぱり、生産者さんの顔が見える地元の食材は安心して使えます」と山本さん。

ランチに使用している卵とソーセージはときがわ町の『笹沼農園』のもの。『笹沼農園』では鶏を平飼いにしていて、卵を産まなくなった鶏は加工のために安く出荷されたり破棄されるのが一般的なのに対し、ソーセージに加工しているそう。「最後まで生き物の命を無駄にしないという姿勢に惹かれて、いつも使わせてもらっています」といいます。命をいただく生き物と、生産者さんへの敬意を忘れないという山本さんの姿勢が、食材の良さを活かした健康にも配慮されたメニューにつながっているのだと感じました。

看板商品のライスコロッケは、ときがわ町の有名な『とうふ工房わたなべ』のおからを使用。

山本さんが『キッチンコロ和』を始めたのも『とうふ工房わたなべ』が月1回開いていたとうふ屋マルシェ(通称:軽トラ市)がきっかけでした。「お菓子作りが趣味だった娘が『とうふ工房わたなべ』さんが駐車場でやっていた軽トラ市に出ると言うので、誘われたのが始まりです。一緒ならできるかなぁと思い切って、ライスコロッケを出品してみました」

その後、東松山市の『オーガニックガーデンカフェ&山の木』より依頼があり、キッシュを作ることに。

「食事としてキッシュを召し上がるならきっちり野菜を採ってもらいたいと思って、野菜を詰め込み過ぎてしまうんです。今日も詰め込んでますね!とお店のかたには笑われるんですけど」と笑顔。日によってキッシュに使用する野菜は違い、この日は新玉ねぎ、新じゃがいも、そら豆の3種類でした。

もう1種類のキッシュはデザートとしても味わえるあんこを使用したもの。「デザートキッシュは何がいいかなぁと考えた時に、焼きバナナが体にいいという話を聞き、使ってみようと思いました。そこから色々と試行錯誤を重ねた結果、結局今日はあんことナッツに落ち着きました」

今後も常に試行錯誤は続くといいます。ライスコロッケ作りのきっかけをくれた娘さんは現在栄養士をされているそうで、「このキッシュのナッツは娘のアイディアです」と嬉しそう。今も、娘さんにアドバイスをもらいながらメニュー作りに励んでいるとか。

『キッチン・コロ和』のライスコロッケとキッシュが一緒に召し上がれるのは『鳩山町コミュニティ・マルシェ』の日替わりランチだけ。ぜひ、山本さんの選りすぐりの食材がぎっしり詰まったランチをご賞味ください。

【店舗情報】
鳩山町コミュニティマルシェ
住所:埼玉県比企郡鳩山町松ヶ丘1-2-4
電話番号:049-272-7528
ランチ営業:11:30〜(なくなり次第終了)
※キッチンコロ和さんは6月8・22・29日に出店予定。以降はコミュニティマルシェのインスタグラムか次号の「広報はとやま」をご確認ください
※ランチは12時過ぎには完売することが多いため、事前予約がおすすめです。テイクアウト可能。

キッチンコロ和
住所:埼玉県比企郡ときがわ町玉川697−5
電話番号:090-2153-7693
インスタグラム:@kitchen_korowa
メール:kazuko.bx19.yamamoto@gmail.com
※実店舗はありません。『鳩山町コミュニティ・マルシェ』、『オーガニックガーデンカフェ&山の木』、その他近隣のイベントへの出店となります。山本さんのインスタグラムで出店情報をご確認ください。

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

コンテンツへの感想