タイトル画像

トレンド/カルチャー

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

【埼玉県鳩山町】珍しいポルトガル料理が鳩山に!好きな気持ちが原動力。ひとりで始めたキッチンカー

寺西あゆみ

地味な女子旅&地域ライター(鳩山町・東松山市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

「私はただポルトガルが好きなだけなんです。皆さんみたいにストーリーがないから、記事にならないかもよー!」と、『ソラレンゴ』の店主・平岩さん。明るい笑顔でポルトガルへの想いを語ってくださいました。

『ソラレンゴ』は埼玉県内を中心に出店されている、ポルトガル料理のキッチンカー。鳩山町へは『鳩山町コミュニティ・マルシェ』の日替わりランチのシェフとして、月1〜2回出店されています。(鳩山町出店時はキッチンカーではなく、『鳩山町コミュニティ・マルシェ』の店内でお召し上がりいただけます)

鳩山町コミュニティ・マルシェ外観
鳩山町コミュニティ・マルシェ外観

取材当日のメニューは、ポルトガルサンド(ビファーナ)と彩り野菜のサラダ。おしゃれな山盛りサラダと、スープ、デザートがついて1,000円です。ビファーナがイメージより重くないので全体の量もちょうど良く、お友達との楽しいランチタイムにおすすめのメニューです。

ポルトガルではメジャーだという豚肉サンド・ビファーナ。現地では、気軽に食べられるローカルフードのようなイメージだそう。

私は今回ビファーナの存在を初めて知り、恐る恐る食べましたがとても美味しくてびっくり!間違いなくビールに合い、これからの季節にぴったりです。日本人好みの味に改良せず本場の味に近づけているとのことですが、外国の料理にありがちなスパイスがききすぎたりするクセもありません。日本人も食べやすい味だと感じました。

こだわりのパンは、ポルトガルのレシピで特別に依頼して焼いてもらっているそう。素朴な雰囲気ですが、ポソポソせずしっとりしています。

無農薬野菜を中心に使用した、彩り豊かなサラダ。ビファーナにも合います。

冷製スープ。夏を感じます。

嬉しいアイスのデザート付きです。

平岩さんがキッチンカーを始めたのは約4年前。全てはポルトガルが好きな気持ちから始まりました。「子供の頃からポルトガルが好きで。ずっと行ってみたいと思っていて、ついに2013年に初めて旅行することができました」

ポルトガルに憧れるきっかけとなったという、ユーラシア大陸の最西端・ロカ岬。「岬にある石碑には、『ここに地果て、海始まる』という詩が刻まれています」
ポルトガルに憧れるきっかけとなったという、ユーラシア大陸の最西端・ロカ岬。「岬にある石碑には、『ここに地果て、海始まる』という詩が刻まれています」

念願のポルトガルは期待を裏切ることなく、ますます平岩さんのポルトガル愛に火をつけたようです。

「その時の旅行はスペインとセットの行程だったのですが、洗練されておしゃれで華やかなスペインよりも、私は素朴でノスタルジックなポルトガルに断然惹かれました。食事も美味しいし、色鮮やかな風景もいいし、国民性も好き。海外なのにどこか懐かしくて、のどかな雰囲気もいい。とにかく最高でした!」

平岩さんが楽しそうに話すのを聞いていると、興味のなかった私もポルトガルに行ってみたくなりました。

平岩さんを魅了したポルトガルの風景より。「ジェロニモス修道院」
平岩さんを魅了したポルトガルの風景より。「ジェロニモス修道院」

平岩さんを魅了したポルトガルの風景より。「ポルトガル第2の都市・ポルトの駅舎にあるアズレージョ(ポルトガルの有名なタイル)で描かれた壁絵」
平岩さんを魅了したポルトガルの風景より。「ポルトガル第2の都市・ポルトの駅舎にあるアズレージョ(ポルトガルの有名なタイル)で描かれた壁絵」

平岩さんを魅了したポルトガルの風景より。「リスボンの路面電車。この辺りは特に狭い場所で、歩行者や家をかすめるように電車が走っていきます」
平岩さんを魅了したポルトガルの風景より。「リスボンの路面電車。この辺りは特に狭い場所で、歩行者や家をかすめるように電車が走っていきます」

「ポルトガルには町中にいくつもビファーナのお店があります。立派な伝統料理でなく、家庭料理の延長のようなビファーナなら私にも作れそうだと思って、キッチンカーを始めました」

そんな時に日替わりシェフの募集を見つけ、『鳩山町コミュニティ・マルシェ』にも定期的に出店するようになったそう。

鳩山町でポルトガル料理が食べられるということにまず驚きましたが、本格的なポルトガル料理店は都内に行かないとないそうです。「うちでビファーナを食べて気に入っていただけたら、ぜひ本格的なポルトガル料理も食べに行ってみてほしいです。そして、ポルトガルにも是非行ってみてください」と平岩さん。ポルトガルへの想いが伝わってきます。

コロナ禍前は現地にビファーナの食べ歩きに行ったり、現地のお料理教室に参加するなど研究熱心な平岩さん。次の目標を聞くと「店を大きくしたいとかはないし・・・またポルトガルに行きたいです!今まで食べたことのないポルトガル料理をもっと食べてみたい。それがこのお店にも活かせたら。あとはもっとポルトガルを皆さんに知ってほしいですね」と楽しそう。

ポルトガルに訪れた際に参加した料理教室で
ポルトガルに訪れた際に参加した料理教室で

平岩さんのポルトガルでの食べ歩き記録から。「リスボンの有名なカフェのボリュームたっぷりのビファーナと、カルドヴェルデという定番スープです」
平岩さんのポルトガルでの食べ歩き記録から。「リスボンの有名なカフェのボリュームたっぷりのビファーナと、カルドヴェルデという定番スープです」

平岩さんのポルトガルでの食べ歩き記録から。「子豚の丸焼きのサンドイッチ」
平岩さんのポルトガルでの食べ歩き記録から。「子豚の丸焼きのサンドイッチ」

平岩さんとお話ししていると、こちらまでワクワクしてきます。コロナ禍が落ち着いて、平岩さんがまたポルトガルに行ける日が早く来ることを願わずにはいられません。

『ソラレンゴ』さんの『鳩山町コミュニティ・マルシェ』次回出店日は7月12日。ポルトガルへの愛が詰まった平岩さんの手料理を、ぜひご賞味ください!

色使いが可愛い、ポルトガルの缶詰のパッケージ。「本当はもっと可愛いものがたくさんあるよ!」と平岩さん
色使いが可愛い、ポルトガルの缶詰のパッケージ。「本当はもっと可愛いものがたくさんあるよ!」と平岩さん

※ポルトガルの写真は全て平岩さんにご提供いただきました

【店舗情報】
SOLARENGO(ソラレンゴ)
インスタグラム
メール:solarengo.351@gmail.com
※次回の『鳩山町コミュニティ・マルシェ』出店の7月12日は、メインがビファーナではなくポルトガル産オイルサーディンを使用した「イワシとオニオンのサンド」となります。「イワシとオニオンのサンドと季節のサラダセット」(スープ・ミニデザート付き)を予定しています。
※以降の出店情報はインスタグラムにてご確認ください。近隣では武蔵ワイナリーマルシェ(小川町)など、主に埼玉県内に出店されています。

鳩山町コミュニティ・マルシェ
公式サイト
住所:埼玉県比企郡鳩山町松ヶ丘1-2-4
電話番号:049-272-7528
ランチ営業:11:30〜(なくなり次第終了)
テイクアウト:可
※12:00過ぎには完売する日も多いため、事前予約がおすすめです。ご予約はお電話にて直接コミュニティマルシェへ。

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。