専門マスター

JR肥薩線「いさぶろう」(熊本県~宮崎県~鹿児島県)

テツドラー田中

紀行作家

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

「いさぶろう」「しんぺい」は肥薩線を走る観光列車。下り列車は「いさぶろう」、上り列車は「しんぺい」と名を変える。「いさぶろう」は明治42年に肥薩線全通時の逓信大臣・山縣伊三郎、「しんぺい」は時の鉄総院総裁だった後藤新平にちなんで名付けられた。列車は熊本~人吉間は特急列車として1日1往復、人吉~吉松間は普通列車として2往復走る。この列車のハイライトはえびの高原線の愛称がついた人吉~吉松間。途中には大畑(おこば)のループ線のほか、2カ所のスイッチバックで越える峠は矢岳越えと呼ばれ、日本三大車窓のひとつと言われている。沿線人口は極めて少なく、今では、この区間を走る列車は「いさぶろう」「しんぺい」2往復を含めて1日3往復しかない。

…続きを読む