専門マスター

  • いいね

水島臨海鉄道の旅(岡山県)

テツドラー田中

紀行作家

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

水島臨海鉄道は、JR倉敷駅に隣接する倉敷市駅と水島臨海工業地帯の三菱自工前とを結ぶ10.4キロのローカル線。元々は戦時中に三菱重工航空機製作所の専用軍需鉄道として建設されたが、戦後、臨海部の工場地帯の発展と共に1952(昭和27)年からは倉敷市営鉄道になり、1970(昭和45)年から第三セクターの水島臨海鉄道になった。現在でも貨物列車が数多く運転されており、貨物収入は旅客収入を上回っている。沿線の球場前駅に隣接して倉敷運動公園があり、周辺は緑に囲まれ野球場や陸上競技場、テニスコートなどがある。その先は高架線となって住宅街を走る。中心駅の水島を過ぎると周囲は工業地帯。三菱自工前までが旅客営業路線だが、その先にも貨物専用線が続いている。

シェア

いいね

コンテンツへの感想