専門マスター

  • いいね

さらば最古の跨線橋・武豊線の旅(愛知県)

テツドラー田中

紀行作家

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

 愛知県のJR武豊(たけとよ)線は東海道本線の大府と武豊を結ぶ19.3キロの路線。この線が開業したのは東海道本線よりも古く、1886(明治19)年のこと。中心駅の半田駅にあった跨線橋は、1910(明治43)年にこの場所に設置された日本最古の鉄道跨線橋だったが、周辺の高架化工事のため、この6月5日で廃止され、駅前に整備される公園に移設される予定。半田は古くからの蔵が多く残り、酒や酢などの博物館もある。また、終点の武豊は味噌の生産が盛んで、伝統的な味噌蔵が並ぶ。今は名古屋郊外の通勤通学路線として朝夕には名古屋との間で区間快速が直通運転されている。

シェア

いいね

コンテンツへの感想