専門マスター

  • いいね

井原鉄道・夏の旅(岡山県・広島県)

テツドラー田中

紀行作家

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

井原(いばら)鉄道は、岡山県の総社(そうじゃ)と広島県の神辺(かんなべ)を結ぶ41.7キロの第三セクター鉄道。総社を出た列車はJR伯備線と同じ線路の上を走り、次の清音(きよね)から伯備線と分かれて大きく右にカーブし高梁川を渡る。沿線の矢掛(やかげ)駅近くには山陽道の宿場町として栄え、江戸時代の面影を残す矢掛宿がある。また、中心駅の井原は日本で最初のデニム製品の産地として知られており、井原駅構内に販売店がある。終点の神辺からは一部の列車がJR福塩線の福山駅まで乗り入れている。 

シェア

いいね

コンテンツへの感想