専門マスター

  • いいね

JR日光線の旅(栃木県)

テツドラー田中

紀行作家

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

 JR日光線は東北本線の宇都宮から分岐し、日光までの40.5キロのローカル線。この区間に途中駅は5つしかなく、平均駅間距離は6.75キロと在来線としてはかなり長い。かつては上野から日光までの直通急行が運転されていたが、現在は、東京方面からの観光客は東武鉄道を利用する人が多く、この線は、鹿沼、今市などからの通勤通学客の利用が中心になっている。そのほか、コロナ禍以前は、JAPAN RAIL PASSを利用して日光に向かう外国人観光客の利用も多かった。近年は栃木県の観光キャンペーンに合わせて2018(平成30)年から、のってたのしい観光列車「いろは」を宇都宮~日光間に通常1日5往復運行している。また、日光駅は1912(大正元)年建築のネオルネサンス様式の洋風駅舎で、かつて皇室が利用した貴賓室も残されている。

シェア

いいね

コンテンツへの感想