専門マスター

  • いいね

JR予土線四万十の旅(愛媛県・高知県)

テツドラー田中

紀行作家

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

 JR予土線は高知県の土佐くろしお鉄道中村線の若井駅と、愛媛県にある予讃線の北宇和島駅とを結ぶ76.3キロのローカル線。運転系統上は、土讃線窪川駅と予讃線宇和島駅の間を走っている。高知県と愛媛県の県境を越える山岳路線で、車窓からは最後の清流といわれる四万十川やその支流の広見川に沿って走る絶景路線。車窓からはこの地方特有の沈下橋を眺めることもできる。運転本数はきわめて少なく、特に窪川~江川崎間を走る列車は1日4往復しかない。路線の活性化のため、予土線では、トロッコ列車「しまんトロッコ号」、0系新幹線を模した「鉄道ホビートレイン」、「海洋堂ホビートレイン(かっぱうようよ号)」の3つのユニークな列車を運行しており、これらを合わせて予土線3兄弟と呼んでいる。

シェア

いいね

コンテンツへの感想