専門マスター

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

SL終焉間近・桜咲く釜石線の旅(岩手県)

テツドラー田中

紀行作家

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

JR釜石線は、東北本線の花巻駅から釜石駅を結ぶ90.2キロのローカル線。かつては釜石鉱山で生産されていた鉄鉱石などを輸送する貨物列車が運転されていたが、現在は旅客輸送のみ。花巻出身の宮沢賢治の作品『銀河鉄道の夜』にちなみ「銀河ドリームライン釜石線」との愛称がつけられている。また、2014(平成26)年からはC58形蒸気機関車牽引の「SL銀河」が観光シーズンの週末を中心に運転されていたが、残念ながら2023年春を最後に、運行を終了することになった。沿線にある、石造りのアーチ橋「宮守橋梁」が有名。また、途中駅の遠野は、遠野物語などの民話のふるさととして知られており、観光客の利用も多い。また、かつて釜石鉱山の積み出しで賑わった陸中大橋付近は、深い山の中にあり、花巻寄りの隣駅、上有住との間にはオメガループがあり、列車はトンネル内で大きくカーブしながら急勾配を行き来している。

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。